情熱の在処(3) 彼との対話 豊かさの産み方 

  • 2017.06.14 Wednesday
  • 00:48

 

こんにちは(^^)

 

情熱の在処(1) 叱られた話

情熱の在処(2) 自信がない/そして、親

の続きです。

 

 

一度upたのですが、下げました。

ちょっと変えて、もう一度upします。

 

 

今、成田です。

これからホノルルに向かいます。

ホノルルに2日、それからマウイです。

 

 

成田で、梅干し買っちゃいました。

日本食ラバーです・・・汗

 

 

 

ところで、部屋の模様替えを敢行したら居心地がよくなって

葉山へのテンションがだだ下がり中です。

 

 

 

このベロアっぽい椅子(後ろ側にある椅子)の色違いを、

先日紹介した表参道の激安雑貨屋ソストレーネグレーネで

購入したのですが、お気に入り。座りやすい。

 

 

(画像借りました)

 

 

☆    ☆    ☆

 

 

 

さてさて、今日、彼と表参道で買い物をした帰りに

途中で軽い夕食をとりながら話しました。

 

 

 

何の話から、そうなったのかわからないのですが、

私の将来設計を考えてまして、

AirBnBとかね、ビットコインとかの話をしていたのですが、

「どうしたらお金を稼げるかなぁ?」って聞いたら、

「お金を払ってくれるのは、他人なので、人の役に立つしかないよ」と。

「お金を欲しいと思ってちゃダメで、人の役に立とうって思わないと」と。

 

 

 

彼は、自分の得になるようになるようにって動いていくと、

相手はなんかこの人と一緒にいると嫌だなってわかるから、

結局損をするんだ、というわけです。人のために人のために。。。

 

 

 

で、この彼の「人のために」っていう考え方ね、

これによって彼は、どんどん成長したし、

豊かになったというわけです。

(彼は今現在を楽しむという才能も備わっているので、

 それも大きいと思いますが)

 

 

 

具体的な内容は省きますが、

彼はお金の使い方も、

本当に生きたお金を使うというか、

見返りを求めずに、見込んだ人を応援するためなら、どーん、と使える。

 

 

あるいは、見込んだ相手が困っていたら、どーん、と使える。

 

 

 

本当にねー、損失を出しても気持ちいいくらい動じない。

かっこいいなー(惚気て、すみませんm(_ _)m)

 

 

 

普通こんな風に見返りを求められずに

お金をどーんと使ってもらったことなんてないから、

相手は感動して、より一層仕事を頑張るし、

そもそも困っていたことが解決したら、

仕事もうまく回るしね。

 

 

 

で、彼の場合は、ただお金をつかって、

相手を喜ばすだけじゃなくて、

そういう仕事がうまく回るという結果まで

ちゃんと見通してやっている。

それがすごいなあ、と思うのですが。

 

 

 

 

それで私の疑問が、

「見返りを求めない良い人って、あんまりいないよね。

でも、良い人って騙されやすくない?」

ということ。

 

 

 

 

彼の返答は

「良い人は最初利用されるの。

だから、経験を積むしかないよね〜」と。

 

 

 

なるほど納得。

 

 

 

人のためにっていうのは、素晴らしいと思うし、

実際それができたら豊かになると思うんだけど、

相手を見抜く力が本当に大事だよね。

誰が信頼できるのか。

信頼できる人を見抜く力も大事だし、

そして、もしも、この人は信頼できると思った時に、

本当に相手を信頼することができる、

自分を預けることができる、

そういう人を信頼する底抜けのパワーって、

なんかオセロだったら全てのコマを反転させるような

それくらいの大きいパワーだよなぁって思います。

 

 

 

話が豊かさの作り方になっちゃったけど、

彼と話しながら、彼の持つ

「人を信頼するパワー」みたいなのに感動してしまった。

多分、彼の中にある太い愛の軸を感じたのだと思う。

 

 

ここまでは、一度書いたのだけど、

彼と話してから、また続きを。

 

 

「いい人」について。

 

 

彼は、

「一人の人間がずっと良い人ってことも、

 ずっと悪い人ってこともない」

といいます。

 

 

だから、「一緒にいて嫌じゃない人」なら

その人のためにやっていいんじゃない?と。

 

 

すごく長いスパンで考えた時に、

嫌な人がいい人に変わるかもしれないしって。

 

 

結局のところ、

人の役にたつことだ大事なんだよ、という話に落ち着きました。

 

 

 

そして、彼が人の役に立つようにやってきたのは、

自分の仕事がひと段落したからで、

それまでは、目の前の仕事に精一杯。

 

 

何が人の役に立つかなんてわからない時は、

目の前の仕事に精一杯でいいのかもしれません。

 

 

☆        ☆         ☆

 

 

 

なーんか、調子悪いです。

なーんで、だろ。

 

 

ここ数日、すっごい寝ている。

情熱の在処、、、どころではない。

 

 

ハートに従う、ということだと思うのですが、

ハートはお疲れのようです。

 

 

こんな感じで、ハワイに行ってきます。

ハワイで元気になれるといいなぁ。

 

 

では!

 

 

 

 

情熱の在処(2) 自信がない  /  そして、親

  • 2017.06.13 Tuesday
  • 00:59

 

 

こんにちは。

 

 

情熱の在処(1)叱られた話 の続きです。

 

 

 

 

情熱とセットなのは、自分を信じること。

これがなきゃ、形にならない。

 

 

 

「できるって、信じて。

 できない理由とか、不安とか、いくらでも思いつくだろうけど、

 それは全部頭が考えていることだから。

 情熱を形にできると自信を持ちなさい」

 

 

 

ワクワクする夢ってあります?

あった気がする。昔は。思い出せないくらい昔は。

でも、いつからか、どっかテンションにブレーキがかかる。

自信、いつからなくなったのかな。

 

 

 

 

そして、もうひとつ。

すごく印象に残っているのは、

「親に言いなさい」ってこと。

 

 

 

わたし、会社辞めたこと、まだ親に言ってないんですよね〜。

もう3年たつけど。

鬱手前になったことも言っていない。

その他もろもろボロが出そうなことは全部言ってないw

 

 

 

親に心配かけたくないから。

 

 

 

「親に言えないのは苦しいでしょ?

 親に言えないことで、

 あなた余計に頭でどんどん考えるようになっているのよ。

 何をやったって嫌わないのは、本当に親だけよ」

 

 

 

 

それも知っている。

親はわたしが何をしても愛してくれる。

少なくとも愛する努力をする。

でも、その努力がわかるだけに心配をかけるのが辛い。

全力だもんね。親って。

私の状況を理解して愛するために

年取った親に全力を出させるのは辛い。

 

 

 

しかも、うちの親は、

怒らないで泣くんだよね。

心配で大泣きする。

 

 

 

納得できれば、大抵のことは即決できるけど、

親に関しては、超納得するけど、即決できないわ〜

 

 

 

でも、同時に、親に言いたい私もいる。

全部いって、全部わかってほしい。

わからないかもしれないけど、知っといてほしい。

それは私も家族を愛してるからなんだよね。

 

 

 

愛しているから、全て見せたい。

 

 

 

全て見せたうえで、抱きしめたい。

 

 

 

でも、すごく怖い。

 

 

 

でも、知ってる?

家族の問題をクリアできた人には

ボーナスステージが待ってるんだって。

 

 

 

☆      ☆        ☆

 

 

 

 

ちょうどその日、友人とLINEをしていました。

自己認識ワークのワークショップに通っている友人で

ハッシーさんが「0〜5歳まで」と

「当時の目線で振り返ることが大事」だと言っていたと教えてくれました。

 

 

 

そっか。

それなら、0歳〜5歳をもう一度振り返ってみよう、と思いました。

多分、見えてないところがある。

 

 

 

そうすると、ピースが繋がっていくみたいに、

思い出していく。

 

 

 

4歳で引っ越した時、

わたしは初めての引っ越しにワクワクがとまらず意気揚々とお引っ越し。

「引っ越す=これまでの生活とはサヨナラする」ってことですが、

前しか向いてなかったので、それがわからなかった。

「別れ」なんて気にもとめずに新居に来てしまったのだけど、

そのあとの半年は、後悔の嵐で以前のことだけを思い出して過ごしていました。

(だから幼い時のことがめちゃくちゃ記憶に残っているんです)

 

 

 

この時から、自分は何かをミスするかもしれないとか、

自分の力でどうにもならないことが起こるんだっていう

重低音がずっと流れている。

 

 

 

わたしが「眠れない」って初めて思ったのって、

多分この4歳半のあとなんだよね。

 

 

 

 

あとは、「お菓子たべちゃった」とか些細なことを親に言えなかったな、とか。

お気に入りのタオルを、ある日突然捨てられて衝撃的だったな、とか。

 

 

 

あーーーーー

この時から、親にはできるだけいい面を見せようとしていたんだな、とか。

 

 

で、それって、結局、私の中の

「どうせ、わかってもらない」と

「わかってほしい」の2つを形成していたのだな、と思います。

 

 

 

よくスピで

「どうせ私なんて」って思いがあって、それがブロックになっている、と

言いますよね?

それ、ピンと来てなかったんですけど、

今回、なんか、もー、あー、こういうことかって思った。

 

 

 

 

そんなトラウマだなんて大げさなことは言いません。

でも、人生の重低音で、無意識の中に

知らずに流れている音楽のテーマはコレ。

 

 

 

そのあとの苦しみも、

これのどれかが肥大化したもの。

 

 

 

言えない。

自信がない。

わかってもらえない。

 

 

 

このどれかが強くなってバランスが崩れると

苦しくなるっていうのを繰り返してきたんだなぁと思います。

 

 

 

 

これを思い出しているとき、

体中から、痛みが煙のように抜け出していきました。

 

 

 

根本を見つめると、エネルギーが解放されるよね。

本当に煙みたいに、胸から、腕から、肩から、首から。

身体中が震えるように。

時間にしたら1分とかだと思うけど、味わうって大事。

 

 

 

 

情熱の在処はまだわからないけど、

情熱を妨げるものはわかったよ、っていう。

 

 

 

 

そうだ、最後に言われたんだ。

「何を伝えたいの?」

 

 

 

何を伝えたいのか。

それが情熱で、

それがあれば、

きっと親にも言える。

 

 

 

「何を伝えたいの?」

 

 

情熱の在処(1)  叱られた話

  • 2017.06.12 Monday
  • 23:32

 

 

こんにちは。

 

 

 

今日は、ジャニーズの公開収録でした。

やっぱ生まれ変わったら、ジャニーズに入りたいわ〜。

歌って踊れることへの憧れは永遠です〜。

(たわごとスミマセンw)

 

 

 

 

もうすぐハワイです。

今回のツアーは、倭のタントラのシンゾーさんとアサミさんのツアーです。

テーマは、「自分との結婚」。

このために自己認識ワークやら、何やらやっているのかな、と思います。

心がザワつきます。こういう風にザワつく時って、いいセミナーになることがほとんど。

でも、いいセミナーって大抵エゴにとっては大打撃。

怖いけど、楽しみです。楽しみだけど、怖い。

 

 

 

☆    ☆    ☆

 

 

 

叱られた話を。

 

 

顔のマッサージの方のお客さんが教えてくれた方です。

婚活カウンセラーなんだけど、

名前を見れば、その人に必要なことが婚活に限らず降ってくるという方。

お客さんが言われたという内容が、

まさに!わたしも(そのお客さんを見て)そう思う!ということだったので、

激安キャンペーン中だったこともあって、申し込みました。

 

 

 

チャキチャキした感じの方で、

あんまりスピスピしていなくて、

スピ的メッセージを下ろしてもらったというより、

この方ご自身の人間的経験から

叱っていただいたなぁ〜〜〜という感じで、

その方の人間性を感じて嬉しかった。

シンプルなメッセージだけど、めっちゃ刺さりました。

 

 

 

わたしが言われたのは、

「頭かたいなぁ〜〜〜〜!!!!!」

 

 

これに尽きる(爆)

 

 

 

え〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!

まだまだですかっ!!!!!!

結構がんばってきましたけどっっっっっ!!!!て思ったけど、

めっちゃ全然まだまだ頭がかたいらしい。

 

 

 

「こうしなきゃいけないっていうのが強すぎる。

 頭が働き過ぎる。

 みんなが喜ぶ正解を探しすぎる。

 人にどう思われたっていいでしょ?」と。

 

 

 

超直球メッセージで笑っちゃいました。

 

 

 

「あなたの心の中に答えは全部あるでしょう?

 感情がせっかくあるのに頭が潰しにかかっちゃってるのよ!」と。

 

 

 

理屈としては、わかってます。

勉強してます。知ってます。

 

 

 

 

でも、「あ、まだまだだったんだ」っていう

気持ちいいほどの気づきがありましたw

まだまだなら、仕方ないよね、本当。

 

 

 

☆       ☆       ☆

 

 

 

仕事について。

 

 

すぐ眠れなくなるのでー

体調とかも悪くなるのが怖くてぇー

たくさんの人がもしも来たら怖くてぇー

 

 

 

とかウダウダ言ってたら、

 

 

「今、もっともらしい言い訳を言ってるだけなのね。

 自分の情熱がわかってないのよ。

 情熱があったら、溢れちゃって溢れちゃって、

 それを人にもらってもらわないと困るから」と。

 

 

 

 

あぁ、そっか。

情熱か。

 

 

 

すごくシンプルに

自分の感情、

自分の情熱に従えば、

うまくいくしかないっていうね。

 

 

 

そういうのは、何回も知識として仕入れて来たはずなんですけど、

これまでずっと他人事で、

今回はじめて自分ごとになった気がします。

 

 

 

わたしの情熱はどこ?

 

 

 

50歳からの挑戦/演劇部同窓会

  • 2017.06.10 Saturday
  • 15:42

 

 

こんにちは。

 

 

今日は、中学高校の演劇部の同窓会でした。

 

 

顧問の先生が、な、な、なんと!

司法試験に合格されたのです。

勤続29年とおっしゃっていたので、50歳くらいになられたと思います。

かっこいい〜〜♪

 

5回目の挑戦で合格されたそうです。

 

 

最初は、先生として授業の力をあげるために始めた

法律の勉強が、弁護士になるまで続いたそうで。

 

 

先生は、いま、若い人たちに混じって研修中。

ラインも始めた、とおっしゃってました。

 

 

何歳になっても、スタートは切れるなぁ。

すごくいい刺激をいただきました。

 

 

⭐ ⭐ ⭐

 

 

うちの学校は、東大にたくさん入る進学校で、

勉強を優先する人が多かったです。

 

 

そういう中で、演劇部は、朝練昼練放練があり、

合宿もあり、と、かなりの時間を舞台の練習にさく

熱い部活でした。

 

 

先生も、「演劇部は命がけでやってます、この学校への挑戦です」というような

熱い先生で、

あのクールで効率重視な学校の中で唯一、

好きだった先生です。

 

 

演劇部があったから、なんとか学校に行き続ける

ことができた。私にとって、そんな場所です。

 

 

 

今日、久しぶりにあって、みんなの変わっていないこと!

 

 

うちの学校の人たちは、みんな個性的。

流行りのファッションなんて関係ないし、

モテなんてもちろん関係ない。笑笑

 

勉強して勉強して仕事して

でも結婚して子供産んでるひともたくさん。

 

 

がんばり過ぎる傾向があるけど、

でも、今日改めてみんなにあって、

ああ、この人たちは、みんな自分を貫く人たちなんだなぁと

思いました。

 

 

 

個性的すぎて不器用だけど。

 

 

 

 

大人になって、その素敵さがわかります。

 

 

 

 

自己認識ワークをしたあとに

同窓会があるのも何かのタイミングなのか、

わたしの暗黒の中高時代も

少しずつ書き換えられるようです。

 

 

こんな風に、

 

あの先生キャラ濃すぎだよねとか、

あんなとこ行ったよね、とか

笑って話せるようになるとは当時は思わなかったなぁ。

 

 

 

 

 

自己認識ワークをおわって。ショック(2) 努力ってエゴなの?

  • 2017.06.10 Saturday
  • 01:14

 

 

こんにちは。

 

 

ショック(1)の続きです。

 

 

自己認識ワークで35年間を1年間ずつ書き出した後、

さまざまな切り口で35年間を振り返っていくのですが、

そのうちの1つが、「成功体験と失敗体験」です。

 

 

これまで、私が成功体験だと思っていたことは、

たとえばこんなことです。

 

(1)難関校に受かった

(2)スペックの高い男子と付き合った

(3)希望の職につけた

 

 

でも、35年間を振り返って、パッと成功だと思ったことは全然違いました。

 

 

 

ひとつは、小学校5年生の時に、脚本を書いて、みんなで上演してもらったこと。

おとぎ話のパロディを書いて、日頃ふざけてばっかりの男子とかも、

より面白くなるように協力してくれて、笑いをたくさんとって大成功の劇でした。

 

 

しかも、自分があんまり表に出てなくて、

みんなが楽しんでくれた。

もちろん、わたしも脚本を書きながら楽しかったのです。

 

 

他に出てくるのは、時幼稚園の時に、じゃんけんで全員にかったこととか(笑)

 

 

自分が好きな人に対して、自分を譲ったこととか。

 

 

就職してからは、最後につくった雑誌で、若手研究者2人をとりあげて、

それがきっかけで当時の会社で2人が講座をやることになり、

しかも、その講座が大人気になったこととか。

 

 

これまで成功だと思っていたことは、全然成功じゃありませんでした。

 

 

社会的な地位や、社会的に当たり前のことを目指して努力した時、

努力によって、目標は達成しましたが、

でも、達成した後にわたしは全然幸せじゃなかった。

 

 

これはむしろ、失敗だったようです。

 

 

それよりも、わたしの心の中に残っている成功体験は、

他の人が喜んでくれた時。

自分よりも、他者を優先できた時。

 

 

これに気がついた時、号泣しました。

 

 

 

この成功体験は、何かというと、愛です。

自分が愛に基づいて行動できたとき、

それはわたしにとって成功でした。

 

 

人並みになりたいとかね、きっと皆おもうよね、

でもね、

社会的な成功を目指していたとき、

それは真剣な努力だったかもしれないけれど、

エゴでした。

エゴは、失敗に結びつくみたいです。

 

 

そして、ああ、わたしは愛の体験を、

成功だと思っているんだとわかったとき、

それを成功だと思える自分に、安心しました。

安心感からの、きっと、涙だったと思います。

 

 

そして、今後、社会的な成功や世間体ではなく、

愛から、行動を選択しようと思いました。

 

 

だって、不幸になるんだもん。

安心して、社会的な成功を手放せます(笑)ね。

 

 

愛からの行動というのは、

表現を変えれば、

自分の気持ちに従ったということです。

 

 

くすくす、これをやったら面白いかも、とか、

この人のためになりたいとか、

そういう気持ちに従ったとき。

 

 

損得でいえば、自分は損をするかもしれないけれど、

そういうものを気にしないで、気持ちに従えたとき、

わたしは幸せになります。

 

 

そういうことがガツンとわかったときに、

なんとも言えない安心感がありました。

 

 

それは、この世知辛い人生を生きるうえで、

甘美な希望でした。

 

 

 

 

 

 

 

御岩神社ご利益  / こんなところまで他人軸  / 体の悲鳴

  • 2017.06.08 Thursday
  • 00:37

 

 

こんにちは。

 

 

御岩神社のご利益といえば、

今日母親から、NHKの少年倶楽部(ジャニーズの番組)の観覧に当選したと連絡が来ましたw

行って来ます、NHKホール。

どうせ当たらないだろうと思って、申し込みしたことすら忘れていたら、

まさかの初申し込みで初当選。

(まだジャニーズのライブは、私の娯楽ですw)

 

 

☆      ☆       ☆

 

 

 

昨日、御岩神社ツアーから帰ってきたあと、

自然のパワーと音叉でめっちゃ元気になったせいか、

(私としては音叉がめっちゃ効いたと思います)

夜になっても眠れず、模様替えを敢行しました。

 

 

 

今、葉山で考えている家が1Kと1roomの間取りなのですが、

その場合って、どうレイアウトしたらいいんだろう、と

いろんなサイトを見ていたら、現在の家のレイアウト変更を思いつくという。

 

 

 

今まで窓側には家具を置かないようにしていたのですが、

窓側にソファを持ってきたことですごく広く“家っぽく”感じるようになりました。

 

 

 

これまで、「うちはサロンなんだから、綺麗にしなきゃ」と思っていました。

最初はサロンができることがただただ新鮮で嬉しかったのですが、

それが3年くらい続いて、だんだん「私は我慢している」と感じるようになったみたいです。

それもあって、葉山に行って、完全プライベートな場所が欲しい!と思ったのだと思います。

 

 

でも、それは勘違いでした。

我慢する必要なんてない。思い込み。被害者意識。

 

 

 

自己認識ワーク(1)のところでも書きましたけど、

これも他人軸の表れですよね。

お客様という他人軸を勝手に私が内面化して、

「お客様に評価されるようにしなきゃいけない」と

家のレイアウトを制限していただけ。

 

 

こんなところまで、他人軸が入りこんでいるのかと・・・・

気がついたら、それだけのことですが、

気がつくまでは、ただモヤモヤしているだけなんですよね。。。

 

 

 

生活するってすごいですよね。

家のレイアウト1つとっても、自分の内面があらわれている。

生活をしていくだけで、自分を理解するヒントも溢れているし、

自分を表現する可能性も生活の中に無限にあるんでしょうね。

 

 

 

それでも、レイアウト変更したら、お客様はどう思われるかな、

前のほうが動線が良かったとか、こいつ自分を優先し出したなとか、

感じる方がいたらどうしようと気になるのですが、

まぁ、でも、ここは自分を優先で!と。

何をやるにも、ちょっぴりの勇気は必要ですな。

 

 

 

結果、今日いらした常連さんは、何もコメントされず。

良かった、と思いました(笑)

 

 

 

☆    ☆     ☆

 

 

今回の模様替えで、大活躍しているのが、

表参道にあるデンマークの激安雑貨屋さん。

http://sostrenegrene.com

フライングタイガーより、落ち着いた色味が多くて、すごい好み。

 

 

 

中井診療所のあと表参道をプラプラしていると、

楽しい店がたくさんあります。

 

 

 

 

☆    ☆     ☆

 

 

 

中井診療所といえば、今日は、子宮がめっちゃ堅かったです。

ここ2日ほど、2〜3時間の睡眠で行動していたのですが、

そのせいで、びっくりするほど堅くなっていました。

 

 

働いていた時も、学生の時も、徹夜したり眠れなかったりで、

体力的に無理をした時に思うのは、

「翌日こなせるか」だけだったんですけど、

体はこんなに悲鳴をあげているのかと反省しました。

 

 

こなせるかどうかってことよりも、

体は悲鳴をあげていないか、

体がハッピーかどうか、という価値軸に移行したいと思います。

 

 

こういうところも、本当に1つ1つですよね。。。。

でも、こういうところで、自分の殻というか、殻まではいかないけど、

膜が破れるように感じます。

統合が進み、一歩自由に、一歩楽しくなる。そんな風に感じます。

 

 

 

 

では!

 

 

 

PR

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM