引っ越したい/何を捨てるのか、選択に迷ったときは?

  • 2017.04.19 Wednesday
  • 21:44

 

こんにちは。

 

 

書きたいことは、山ほどあるのですが、、、とりあえず、引っ越しのことを。

 

 

今、絶賛引っ越したいです。葉山とか逗子とかに。

 

 

書くことに集中したいと思った時に、

引っ越したい気持ちになりました。

(その前に彼が、「執筆部屋を葉山に借りる?」といったのです。

 その時は、「え?いらなくない?」と言ったのですが。

 彼は時々エスパーなので、私のこの気持ちの変化を先取りしていたのかも・・・)

 

 

 

書くことに集中したいなぁと思った時に、何か捨てるのが自然だなと思いました。

追い込んだ方が書くよな、というのも1つあるけど。

今の都会の生活の贅沢?に満足してきたのもあると思います。

あと、こっちにいると社交が忙しくなっちゃうからね。

 

 

自分の感性がゆったりと開くのって、もっと人が少なくて自然がある場所かな、と。

なんとなく西麻布には、麻布十番では感じなかった圧があるんです。

エネルギーが強いっていったら、いいのかしら。

それはすごく素敵だし、仕事をバリバリするには向いていると思うのですが、、、

ただ単に今、自宅サロンなのでプライベートな場所がもっと欲しいだけかもしれません。

 

 

書くことって、私にとってお金になりません。

それでも、スピリチュアルの、私が書けるかもしれないことを勉強して研究して書いてみたい。

ダメかもしれないけど。書くことに賭けてみたい。

 

 

 

もしそれができたら、最大限の贅沢なんじゃないかと思います。

 

 

 

スガシカオが働いて300万貯金して、そのお金で家にこもって作曲して、

これでダメなら、もう本当にダメ、という状態でデビューできたんだけど、そんな感じ。

 

 

 

一年間生活するのに何円かかって、その蓄えがいくらあったら、

書くことで芽が出るまで、耐えられるのかわかりません。

もし、芽が出なかった時に、他の道を用意しているわけでもないから、マイッチング。

就活するのかなぁ。でも、そのとき40手前だったら、就職できないかなぁ。

 

 

怖い。人に理解されない。変人と思われる。自信過剰と思われる。人には言えない。ますます親に言えない。

(ブログに書いちゃうけど・・・笑)

でも、人生を振り返ったときに、後悔がないのは、

「私はあの時期書くことに挑戦してみた」って思ったときだろうな、と。

なんて幸運なんだろう、と思うだろうな。

(書くっていってもこのブログみたいなのを書いて、

 あとは延々と私の思うスピリチュアルを地味にまとめていくっていうだけだと思うんだけどね)

 

 

書くためなら、生活コストを下げていくことも考えられるな、と思いました。

必要なものが一気に少なくなったので、引っ越したいと思ったのかもしれない。

でも、さっきもTSUTAYAカフェでスタバのコーヒー飲みながら、本を読み漁っていたし、

こういうところは都会のいいところだと思います。

 

 

 

これまでは、顔のマッサージで集客をすることに力を注いで、

サロンを運営することに力を注いで、成功するのがいいんだってずっと思っていました。

 

 

 

成功したいというより、それが私と周りにとって、

「自分が頑張っている」「成果を出している」とわかりやすく納得できる道だから。

 

 

だって、スピが好きで、いろんなの習ってスキルを身につけたわけでしょ?

顔のマッサージだって、1年間ならって、都度都度、関西の先生のところに施術チェックをしてもらい、

ここまで腕を磨いてきたわけでしょ?

 

 

それなら、サロンワークをやってたくさんの人に来てもらうのがわかりやすいじゃん。

 

 

 

でも、あべさんのセッションで、

「今、あなたがうまくいってないのは、それはあなたの道じゃないからです」と

言われたときに、

 

 

 

「え・・・!!!わたしって、うまくいってなかったの!!!???」とビックリしました。笑。

 

 

うまくいってない自覚が全然なかったです。

たしかに、顔のマッサージもヒーリングもビジネスにしたくないなぁ、とか、

立て続けに予約が入ると、ちょっとビビることは多々ありましたが、

それは改善していかなきゃならんものなんだと思っていました。

 

 

 

それはうまくいってないってことなんだ・・・!!と。目からウロコがバラバラ。

 

 

 

「気分がのらないっていうのは上手くいってないってことなんだよ〜」とあべさん。

そう言われたら、本当にそうだと思います。

まだまだ自分の心の声を聞けてないなぁ。

 

 

 

でも、顔のマッサージをするのは好きなんだよなぁ。

私、楽器弾けないけど、楽器弾ける人って、こんな感じかなっていうような手応えがあるんです。

私が身体をつかってできる数少ないことの1つ。料理も下手だしね。できること少ないんです。

 

 

 

 

そうそう、先日、顔のマッサージの先生がいらして、

先生にはじめて、技術に太鼓判を押してもらえました。

上手くなってるね〜とは言われていましたが、太鼓判は初めて。

先生が「音叉とか顔のとか、今後も続けていこうという感じなんですか?」と聞かれたので、

「いえ、私にとって稼ぐ仕事は編集かもしれないと思っているんです」という話をしました。

 

 

 

先生は、顔のマッサージ1本でされていて、全国からお客さんが集まる方なのですが、

それでやっていくことの難しさをものすごくよくわかっていらして。

また、これをビジネスビジネスとしてやるおかしさもわかっていらして。

 

 

「環境があって、その中でやりたいことをされていくのがいいですから、全然いいんですよ〜」と。

 

 

ここまで色々教えていただいたのに、なんで辞めちゃうの〜とかは一切ない。

それは先生が、自分の開発したスキルを広めて儲けようとか、

教え子たちからお金を吸い取ろうみたいなのが一切ないからっていうのもあると思うんですけど。笑。

本当に真っ当な仕事をずっと続けている方で、心から尊敬します。

 

 

うーん、それでも迷う。

今、ばっさり東京で顔のマッサージやサロンワークをやめてしまっていいのだろうか。

引っ越し先でもやった方がいいのか?そこにお客様はいらっしゃらないんじゃないか。

いや、そんなことしたら、本末転倒じゃないか。

そんな風に考えるのって、私のエゴじゃないだろうか?

また、気が変わるんじゃないだろうか ・・・ etc

 

 

 

今、美容系音叉を教えませんか?というお声がかかっています。

そして、顔のマッサージもうちの店舗でやってくれませんか?というお声もかかっています。

 

 

自分のサロンは閉じて、引っ越して、

月に数回東京に出てきて、そうやって他の方のところで仕事をして、

人と触れ合ったほうが、精神衛生上もいい気がしなくもない。

 

 

 

それとも、東京でサロンワークをできる状態にしつつ、

1週間交代とかでデュアルライフを送るのがいいのかしら。

 

 

 

自分の弱さもよくわかるので、

もし引っ越しが、頭で考えた理想だったら痛い目を見て立ちすくむだろうな、と思います。

 

 

 

わかりません。

引っ越したいと思い立って、まだ3日くらいなので、

「やっぱり引っ越しませんでしたー」となっているかもしれません。

 

 

 

迷った時は、一度手放します。

コントロールしようとしてもロクなことがないですもんね・・・

 

 

 

引っ越しに関する情報くださーーーーい!!

かみさまーーーーーー!!!

 

 

 

というわけで、葛藤日記でした。

 

 

 

では!

 

 

 

”マインドは、実は何かを決断することが苦手です。

ぐるぐると考え続けて、結局、自分が決めたというより、

外側からのプレッシャーによる決断をしてしまいます。

   〜中略〜

決断するときは体の声を聞くようにすると、自分の状態にあったベストな決断ができます”

 

クレッグ・ジュンジュラス「心のゴミを掃除する方法」

 

スピリチュアルを疑っているかもしれないことについて

  • 2017.04.16 Sunday
  • 22:30

 

 

こんにちは。

 

 

北朝鮮のミサイルに昨日はマジで怯えました。

怯えても仕方ないんだけどね。

 

 

そうやって、怖いなって思うなかで、スピリチュアルで何ができるのかなと思います。

 

 

なんだろうな、と悶々と考えました。

 

 

 

          ☆      ☆      ☆

 

 

 

ここ最近、立ち上げたサイトのコンセプトについて話し合っていて、

そこから自分のコンセプトを考えるに至り、

私にとってスピリチュアルって本当に大切だな、と思いました。

 

 

 

コンセプトって、実行しないと意味ないから、

スピリチュアルを実践するって何かな、と思います。

 

 

 

CREDOちゃんのセッションでも

「スピリチュアリティをあげる」というのは課題で出てて、

その時わたしは「あげたくない。余計なことを知りたくないから」って言いました。

「何かわかったら、行動に移さないといけなくなるから」って。

 

 

 

私の中で、あんまり知りたくないスピリチュアルって、

目に見えない存在に「こうしなさい」って言われたから、その通りにしたり、

自分の行動を決定するときに、やたらと上に聞くような風にはなりたくないなって思いがあったんですよ。

 

 

 

このブログのタイトルにもしてるけど、「地球で生きることが一番大切」だから、

たとえば、人と付き合うときにも、「上の存在が言ったから」じゃなくて

「自分でこう思ったから」で付き合いたいと思っている。

そうじゃないと、なんかおかしくならない?

たとえば、好きな人に勇気出して告白して「上の存在が君じゃないっていうんだよね」とか言われたら、

ぶっ飛ばしたくならない?てめぇで考えろよ!みたいな。そんな感じ。笑。

 

 

自分が主体だったら相手に対して、何かをしたら、それをするって決めたのは自分だし、

相手を理解したり、思いやるときも、自分の気持ちじゃない?

人と関わるって面倒だし、結構怖い時もあるから、そういう時に

「自分で決めた・自分で考えた」で、人と話したり人と接するっていうのがすごく大事だと思う。

それが相手と自分に対する責任っていうと大げさかもしれないけど、

人間力みたいなものなんじゃないかなぁ、と。

 

 

だから、ヒーラーさんに言われたことでも、「その通りだ」と思ったら、受け入れるけど、

「違う」と思ったら、質問したり、言い返したり(それで納得したら受け入れる)

何も言い返さない時でも違うんだな〜〜と思って受け流したりしている・・・

 

 

それくらい、「自分がどう思うのか」っていうのが大事。

主導権は自分が握っていたい。

(私が、そうなったのは、それくらい頑張って自分自分って思わないと、

 すぐ真に受けて信じちゃうからかもしれないけどw)

 

 

 

でも、今回さ〜〜、あべさんのセッションで言われたことを

なぜこんなに重く受け止めているのかな、って思ったら、

わたしあべさんがくれた指針とか予言にワクワクしてるんだよね。

本当にそうなったらいいな、って思っている。

 

 

そして、もう1つ、本当にスピリチュアルを実践するってなったときに、

ガイドとかさ、そういう目に見えない存在との付き合いって、

もっと明確に受け入れたほうがいいだろうなぁ、と思いました。

 

 

 

見たくないし、わかりたくないというのは、

理解するのが面倒臭いってことでもあったのかもなぁ、と。

ただの怠慢だったのかもしれないと思います。

 

 

 

理解するのが面倒くさいことっていっぱいあるじゃない?

たとえば、資産形成とかさ。株式投資とかさ。

保険も税金の仕組みとか国際情勢とかも、面倒くさい。

 

 

 

そういうのと同じように、私はガイドとか高次の存在を

自分と関わりのあるものとみなして理解するのが面倒だったんだろうな。

(他者が意思疎通してくれて、それを時々聞きにいくくらいでよかった)

 

 

 

でも、あべさんのセッションを聞き直してたら、言われているの。

「知識では知っていたかもしれませんが、

ガイドというものがいて、あなたは私たちと一緒にやっていきます。

わたしたちが、導きます」と、はっきり。

(疑ってるの、バレてるね)

 

 

 

「あなたが日常生活に戻ったときに、この話を疑うでしょう。

こんなに勉強ばかりしていていいのかと不安に思うでしょう」と。

 

 

その通り。超思うよ!笑

でも、心のどこかで、すっごいやってみたい!って思っている自分がいる。

全部投げてそれをやってみたい、って思っている自分もいる。

 

 

おかしいなぁ、上に言われたから、何かをやるっていうのは嫌だったはずなんだけどな。笑。

 

 

何を書いているのかだんだんわからなくなってきたけど、

もしも本当に常識ではなく心に従うならば。

 

 

そう仮定して、心に従うとイメージした時にはじめて、

これまでどんなに自分がたくさんの「〜〜しなければならない」を持っていたのかがよく見えてくる気がします。

同時にこれまで散々指摘されてきた「こうでなければ」が強いっていうのも合点がいきます。

 

 

やりたいことと、「〜〜でなければならないこと」(最低限のお金を稼がねばならない・始めた仕事は途中でやめてはならない・人に迷惑をたててはならないetc)ってたいがい両立はしないけど、

やりたいことに真っ直ぐにいけばいいのかも。

 

 

 

そういう色々なしがらみを解き放っていくのがスピリチュアルがくれる勇気なんだろうな、と思います。

どうなるかわからない道をすっ裸で信頼して進んでいくのがスピリチュアルだからなぁ、、、

不安なんて、当たり前だよなぁと思います。

(かといって、今すぐどうにかなるわけではなく、

 ただ単にビビリな私が事をおおげさにして書いてるだけです)

 

 

     

       ☆     ☆     ☆

 

 

 

北朝鮮のこと、怖いなって思うのですが、

結局何かやれるっていってもやれることはなくて、自分のあり方みたいな話になるのですが、

自分の中心にいて、信頼してほがらかにいることが大事なんだろうな、と思います。

ね、きっと大丈夫。世界が良い方向に進みますように。

 

 

では!

 

 

CREDOさんのIHキネシオロジーの感想

  • 2017.04.16 Sunday
  • 00:16

 

 

こんにちは。

 

 

今日は、お顔のマッサージの先生を囲んでのお寿司の会でした。

自腹でこんなに高いお寿司を食べたのは、初めてだぜ・・・お腹いっぱいです。

みなさん、40代50代ですが、華やかで美しく、

歳を重ねても美しく可愛らしいんだなぁと希望をもてます。

 

 

さて、ちゃんと書いてなかったなぁ、と思って、CREDOちゃんのIHの感想。

 

 

情報をすごいいっぱい拾ってくれて、どれも思い当たるところはあり、

それを一回で網羅的に拾ってくれるのはさすがだなぁと思いました。

 

 

私は魂の統合率がかなり低かったんです。

3年くらい前に、NYでおさむさんのIHを受けたときに統合してもらったんだけど、

また下がっていました。どうやら1年前にショックなことがあったのらしい。

その時に、「どうしたら、魂の統合率って保たれるの?」と聞いたら、

「ショックなことでも自分に起こった出来事だと受け入れること」と教えてくれて、

それは、今、自分の人生を生きようというときに、いい心構えになったな、と思います。

多分、すぐ自分の意識を飛ばしちゃってたんだよね。

 

 

わかってよかったのは、グレイとか、宇宙人とか、人の念とか、ネガティブエネルギーとかの数。

人の念もネガティブエネルギーも思い当たることはあったのですが、

グレイや宇宙人はIHじゃないとわからないよね〜。

でも、これも全部調整してもらったから大丈夫。

 

 

私はエンパスだということで、エンパスの調整をするのかと思いきや、

この日は、宇宙に委ねるという調整でした。

これ(委ねること)も、この後、自分を生きるということに対して自覚的になってきたので、

必要だったんだろうな〜〜と思います。

 

 

 

あと、とにかく恐れがいっぱい出てきました。

 

 

 

フィボナッチをしてもらったのですが、翌々日に、すっごい悪夢を見ました。

わたしもお客さんに「悪夢を見た」という報告をいただくことはあって、

「それはその悪夢を見た時点で解消されてますよ〜」とお伝えしていたのですが、

自分の悪夢を見たときは、すごい迫力で・・・しばらく、起き上がれなかったです。

 

 

 

私は黒人で見つかったら殺されるって思ってめちゃ怯えている夢なのですが。

 

 

起きた時は、殺されるんじゃないか・・・っていう緊張感と恐怖で身動きとれんかったとです。

 

 

見つかったら死ぬ、というのは、子供の頃からチラホラあって。

「アンネの日記」を読んだあとは、迫害されるユダヤ人として必死に身を隠す夢を何度も見た。

この地球で、そんな戦争が50年前にされていたなんて、やばい!って震えたのを覚えている。

 

 

こういう恐怖が浮上した時点で解放されたと思っているけど、

それにしてもリアルで、怖かったよ〜〜〜(><)

 

 

それだけ、奥にある意識にアクセスして解放してくれたんだろうな、と思います。

 

 

CREDOちゃんは、私が寝ていてもキネシをとれるので、すんごいありがたい。

(これは上級テクなはず)

 

 

 

私が書くまでもないけど、CREDOちゃんのセッションは、

彼女が全力でやってくれているのが伝わる。

「これくらいにしとこう」みたいな省エネが全然ない。

時間的に、これくらいになっちゃうなぁ、っていうのはあるかもしれないけど、

彼女の気持ちの中ではノンストップ。全力だよね。

それが伝わってくるから、安心して任せられる、と思いました。

何より、優しいしね〜〜〜。土の要素がたっぷりなのかな〜〜。

 

 

今度ハワイでもリトリートをやるらしいね!

経営ゲームもついててお得だなぁ、と思います。

 

 

 

というわけで、今日は、感想でした。

 

 

 

最後に、なんとなくレナードの言葉を紹介してみます。

 

 

「執着を手放すにつれ、

過去に没頭することを手放すにつれ、

他者の中に自分自身を見出すことを手放すにつれ、

沈黙したプレゼンスへと戻ります。

愛と光で溢れんばかりになります」

 

 

美しい。

 

 

 

では!

コンセプトファースト、マネーフォローズ 自分の道を選ぶ、自分の使命を生きること。

  • 2017.04.15 Saturday
  • 01:16

 

こんにちは。

 

 

昨日は分析したけど、今日はやっぱり、心のままに。

 

 

コンセプトって大事です。何をするにも。

今回サイトの立ち上げを通じて、コンセプトが大事かどうかという話をずっとしていたんです。

私はコンセプトが大事。

 

 

「こういう風に世の中を(少しでも)変えたい」

「こういう風に世の中に新しい価値を提供したい」

それが大事。

できればみんなで話し合って、みんなのアイデアを取り入れたコンセプトをつくりたい。

 

 

でも、一方で、早く事業を進めたいって意見もある。

みんなで話している時間がもったいない。仕事をしよう、先に進もう。

 

 

それもわかる。でもね・・・

 

 

事業の根っこは思いでしょ。

思いのために、頑張るんじゃないの?

 

 

そのために本当に話し合って話し合って話し合ったんだけど。

コンセプトが大事っていうのが通じないということが本当にショックで(笑)

コンセプトとは何かを説明するために、本も買ったし、パワポで資料もつくったのに。

私はすぐに体に出るので、体が痛くなって、眠れなくて。

それで夜中にmicaさんにメールしたんだけど、2日後に予約をとってくださいました。

こんな最短で予約がとれたのは初めてなんじゃないかな。

本当にタイムリーにセッションをしてもらって超助かりました。

 

 

Micaさんに「一度あげた意識は戻せないんだよ」といわれました。

もう、事業のための事業はできないでしょ、と。

バイトに出て体調崩すくらいなんだから、と。

(そうそう、前、整体のバイトにいって、行くたびに疲労困憊してなんでだろう?と思ったら、

 「ふみぃちゃんがいる場所じゃないから」ってmicaさんに言われたことがあります)

 

 

 

でもさ、micaさん、「その人は神様」っていうの。

最近、このセリフを言われるのは2回目なんだけど。

 

 

わたしが、わたしの道を歩いていないと、神様が現れて、違うよって教えてくれるの。

 

 

今回、サイト立ち上げに関しては、本当にワクワクして。

仲間ができて一緒にやるっていうのは嬉しかった。

ワードプレスも習ったし、力を注入して頑張ったんだよね。

 

 

これだけワクワクしていたのに、まさか、思いが大事だっていうところで

意見が割れるなんて思いもしなかったよ。

 

 

でも、これだけ真剣にやって、真剣にやってきたから、

「コンセプトが大事なんだよ」ってことをあの手この手で伝えてみて、

それも全部反論がくるの。相手もすっごい頭がいいから、もうすごい反論。

その反論に、なんとか言い返していくなかで、私の中でも、コンセプトってこんなに大事なんだ、っていうのが

改めて身にしみてくる。

 

 

もうさ、私自身のコンセプトってなんだろう?とかさ。

そういうことまで考えてくるわけ。

 

 

そうすると、やっぱりスピリチュアルなんだよね。

 

 

スピリチュアルが大事。

スピリチュアルが大事にしているもの。

それは、一般社会が大事にしているものではなく、

人間の心の柔らかい部分、ピュアな部分、愛を大事にすることじゃない?

善なるものを大事にすることじゃない?

 

 

で、わたしって、スピリチュアルを疑ってたんじゃないのかな、と思った。

 

 

たしかレナードの言葉に

 

 

「あなたが孤独を受け入れたときに、分離は消えます」

 

 

という言葉があるのですが、私は孤独を受け入れた先に、

本当に分離が消えると信じてきたのか?とかね。

 

 

孤独になるのが怖いだけだったんじゃないか、とかね。

 

 

 

でも、話し合いをする中で、私が自分のコンセプトを大事にするのならば、

本当にスピリチュアルに身を捧げなければならないし、そういう風になりたいっていう風に感じた。

 

 

 

micaさんもいうけど、「自分を生きたら、お金はついてくるよ」。

彼氏もいう。彼は、超一流のコンサル会社で働いていたのだけど、そこでのルールは

「クライアントファースト、マネーフォローズ」「コンセプトファースト、マネーフォローズ」。

その通りだよね。

 

 

今日彼といろいろしゃべっていて、彼は、それはとっても悲しかったね、と受け入れてくれるのですが、

「ふみぃは、この経験がなかったら、コンセプトが大事だって頭ではわかっていたけど、

体験で理解していかなかったでしょ?

ぼくがコンセプトが大事だっていって、でも、ビジネスなんだからいいじゃん、ってところが

これまではあったよ」って言われました。

 

 

そうです。そうでした。

だから、本当にいい経験でした。ショックだったけど。

 

 

ショックでさ、ショックだと私頭の回転がすっごい遅くなるんですけど、

今借りてるワークスペースの本棚前をふらふらと歩いていたら、

マザーハウス創業者であり社長の山口絵理子さんの本が目に入って。

読みふけってしまった。

 

 

 

 

山口さん、大学時代に「アジア 最貧国」で検索して、バングラディシュを知って、

バングラディッシュにいくの。

 

そこで、発展途上国から、先進国でも通用するかわいいバッグをつくろう、と思いたつ。

この根性が半端ない。

騙されて工場のお金をもっていかれる。裏切られてパスポートを盗まれる。

裏切られて、ある朝工場にいったらもぬけの殻。なんて目に何回も会うんだよね。

そのたびに、号泣して倒れて。

もう無理なんだ、だからこの国は貧しいんだって思うんだけど、

そのびたに、私はなんでバングラディシュに来たんだっけ?って思い返す。

そうだ、不正が通るこの国には希望がない、だから希望をともそうと思ったんだ。

私は希望になるんだから、やめちゃいけない、それが私のコンセプトだった、って。

 

 

途中、半端な気持ちでバッグがつくれると思ってんのか、ってことで職人に習いにいくんだけど、

ここの先生が厳しくて、また。かわいそうなくらい、ボロクソ言われてしごかれる。

でも、先生がいってくれるの、「あなたみたいなピュアな人を、この業界では餌食にしようって人がたくさんいるんだから。

そういう風にされていいわけないんだから」って。

 

 

なんかもう泣いてしまった。

山口さん、爽やかなんだよね。

自分の大切にしたいことは曲げない。それが通じないなら、違う方法を考えてもう一回現実に挑む。それだけ。

 

 

 

真央ちゃんもそうだよね。フィギアの採点方式だって、真央ちゃんが勝てないように勝てないように

年々変更されてきた、という話もあるじゃないですか。嘘か本当かわからないけど。

でも、真央ちゃんそんなこと一言も言わない。目標に向かって、進むだけ。

 

 

1人でも、自分のやることをやる。やりきる。だから、爽やか。

 

 

私のショックなんて、たいしたことないですね。

 

 

ショックとかいう前に、私が大事にしていることを、ただもっと大事にしたらいい。

大事にできるように生きればいいんだよね・・・

 

 

使命を知りたいって思っていたけど。使命がわかったら楽に生きられるのかなって。

たとえば、山口さんの使命って、発展途上国から先進国でも売れるバッグをつくるってことなんだろうけど、

それを知ったからって、彼女の苦労は変わらないというか。

なんか使命って、掴みとるものなんだな、と思いました。掴むのは、自分自身。自分自身をものにするんだよね。

使命がわかったからって、スイスイうまくいくわけじゃなくて(いや、スイスイパターンもあると思うんだけど)

取り組むなかで、山口さんの信念がどんどん磨かれていくのがわかります。

その精神性が磨かれることに途方もない価値があるんだろうなぁ、と思います。

本当はなんだって真剣に取り組んだら、精神は磨かれるのだろうけど、

人間って弱いから、逃げちゃうし辞めちゃう。

だから、辞めないで続けられるくらいの覚悟を持てるものが使命なんだろうな。

逆に、ちゃんと取り組めるものなら、なんだって使命なんだろうな、なんて思う。

 

 

 

だから私も、コンセプトを明確にして、行動を決めていったらいい。

 

 

彼がいってくれました。

「ここまで頑張って話し合ったから、違いがわかったんだね。頑張ったね」と。

私はもっと簡単にわかりあえるのかと思っていた。

そしたら彼が、

「それは勘違いかもね。人はいろんな演じ方をしているから。表面的にはわかりあえたということがあるかもしれないけど、

一緒に仕事して、ギリギリの追い込まれるところまで関わって、それで相手の素がでるんだよ。

むしろ、自分とは違う考えの人のほうが多い、ということがわかってよかったね」と。

 

 

 

彼が、人と人との関係は「トラスト&リスペクトだよ」といいます。

私が今回、「もういいやってしようかな」といったとき、

「それはトラストがないんじゃない?相手のことを信頼するなら、意見をいわなきゃ」といってくれたのだけど、

意見をいってよかったなぁと思いました。

そして、そういうことを大切にする人が私のパートナーでよかったなぁ。

善なるもののあたたかみに、十分すぎるほど救われます。

 

 

 

前述の山口さん。

奇しくも彼とわたしが初めて出会った場所にいました。そう、もう何年も前になるけど、

彼女の講演会で、彼とわたしは初めて出会ったんです。

 

 

そして、今や、マザーハウスは、台湾にも店舗を出して、

ジュエリーも販売しています。

もちろんジュエリーも全部発展途上国から。

山口さんの輝く笑顔も変わらないままに。

そのことがとても嬉しかったです。

https://www.mother-house.jp

 

 

では!

まだまだ始まったばかりです。

スピリチュアルの成長プロセス スピリチュアル・ロードマップ的なものを考えてみました

  • 2017.04.13 Thursday
  • 22:54

 

こんにちは。

 

私がmicaさんのところに行くのは、最近は「今、私どこにいますか?」と聞きにいくためです。自分では自分のことはわからないから。大学受験で基本、応用って進んでいくじゃないですか。別にスピに合格も何もないですが、どういうプロセスを経て、どこへ行くのかという1つのモデル(モデルに過ぎないです。1つの例え話、というかもやは私はこうして進んできたよという話です)って、参考になるかな、と思って作ってみました。今、ざっと作ってみたものなので、これから改良していかなきゃいけないと思いますが。そして、今は、これ以上のことはわからないので、ここまでです。

 

 

こんな感じ。下から読んでくださいm(_ _)m

 

 

 

 

 

 

こんな綺麗に進むわけではなくて、バラバラに進んでいくと思いますし、

「今ここにいる体験」とかを先にする人もいると思いますし、

学びのプロセスは深度をかえてずっと繰り返されることだと思いますが、

そういうところをあえて簡単に図にするとこんな感じかな、と思います。

 

最初の、悩み・うまくいかない段階も辛いですが、

自分の内面と向き合う段階も深めていくとかなり辛いと思います。

 

私が、ここで自分の内面とどう向き合って、解決していくか、は昔からひたすら本で読んできたことですが、

わかりやすく体系だてて教えてくださったのは、みちよさんです。

みちよさんの講座でブログを開くって課題が出て、このブログも立ち上げたんですよね。

http://breathwise.cocolog-nifty.com

あまりにも自分の中に叩き込んできたので、つい忘れてしまうのですが・・・

 

 

ここの段階で、問題発見に偏ってしまうと

「私って、まだまだダメなやつ・・・」と落ち込んでしまったり、

「もっと自分を愛さねば」「もっと○○しなければ」と厳しくなってしまうので、

(って、私も散々これをやったけど)

バランスよく、肉体をつかって愛の体験を受けていくといいのかな、と思います。

 

 

この段階でぐずぐずしたい自分に出会うと思います。

怖いだもん、わかってるもん、だったり、プライドの高さや文句が出たり。

そういう時は、「ああ、私はぐずぐずしたいんだな」と甘やかすといいと思います。

自分が自分のぐずぐずに付き合ってあげる。

ここで素直にならずに、人のせい(ヒーラーのせい)にしたり、

「自分は努力しているけど、○○のせいで進まないという体裁になっている現実」の引き寄せをしていると、

そこで停滞にすることになるんじゃないかと。

そういうときは、やっぱり素直に「ああ、今は進みたくない私がいるな」と思うのがいいと思います。

慣れ親しんだ問題とともにいたいのは自分なんだな、と。

 

 

個人的には、こういう時にいつもケツをたたいてくれたのはmicaさんでした。

それは厳しいけれど、いつも、その先にある愛を教えてくれていたので、

私にとっては光とともにある愛に溢れた導きでした。

(人によっては厳しいっていうけどね。そして、私のぐずぐずに付き合ってくれたのも

micaさんです。足を向けて寝れません。でも、micaさんが他の方に、また、現在、

どういうスタイルでセッションをされるのか本当にその瞬間に生きてらっしゃる方だから、わかりません)

 

 

 

私は自分が思考過多な人間だと七転八倒して痛感してから、リバーシングなど体での理解を大事にしてきました。

そして、ヒーリングが進むほど、3次元での私たちの個性である体と、その体が教えてくれるもの、

というのはとても大事だと思うようになりました。

 

 

最終的に、自分の使命を生きる段階で、自分の体というのは、「わたしは誰か」というものをたくさん教えてくれます。

だって、どんなにワンネスになっても、体は残っているからね。それは意味があって、残っているのだから。

 

 

それから、1つ前の記事の新規カテゴリーの部分でも書きましたが、

覚者が与えてくれる光は、このプロセスを歩くうえで常に、励ましでした。

 

 

無条件の愛のシャワーを浴びること。

それが、どれだけ勇気をくれ、気力と体力を回復させて、自分を豊かにしてくれることか。

素晴らしい導きになると思います。

 

 

無条件の愛に直面することで、サレンダー、自己放棄できます。

自己放棄の体験は、一気にヒーリングを進ませてくれます。

そうそう、だからフィボナッチとか音叉を受けたあとに、お客さんが何も問題はなかった(愛しかなかった)・・・とおっしゃる時、

とても嬉しく思います(あ、別にそうならない時もあるんですが、やっぱりそれは私のヒーラーとしての腕と、

あとはお客さんの側の準備によると思います)。

 

 

私が受けてきたヒーリングが、私的には、

このマップのどこに位置するのかとかも書いていったら面白いかもと思います。

ま、そんな綺麗に分類できないから、やめたほうがいいかな。

 

 

このマップのどこかが何かの役に立てたら嬉しいですが、要は、

いろんな要素があって、いろんな要素をバランスよく取り入れて、

自分を甘やかす部分と、真剣に取り組む部分と、委ねる部分と・・・

なんていろいろ混ざっているので、その辺を意識して

受けるヒーリングをチョイスしていくのもいいのかな、なんて思います。

 

 

それから、このマップには書いていませんが、3次元での満足も非常に大事だと思います。

3次元を生きるために生まれてきているから。

やってみたかったこと、感じてみたかったことを体験する喜びは、

その時に「ああ、癒されたなぁ」と思わなくても、深いところでのヒーリングになっていると思います。

 

 

なので、毎日を楽しく生きれたらOKなんですよね。

特別にヒーリングしなくても、okだと思います。

でも、スピリチュアルを取り入れることでより楽しくなることもありますよね。

 

 

そして、スピリチュアルの自分を見つめて、真我を生きるというのは、

とてもとてもとても勇敢なこと。だと思います。

すべてのスピリチュアルな道を歩む人に祝福を!!!

 

 

 

では!

 

 

カテゴリーかえました

  • 2017.04.13 Thursday
  • 22:17

 

こんにちは。

 

 

あべけいこさんにご紹介いただいたおかげで、読んでくれる方が増えたようで、びっくり、でも、うれしいです。

 

 

お顔のほうも、CREDOちゃんがご紹介してくださったのもあって、CREDOちゃんもあべさんもご存知の方が何人かいらしてくださって、今日、すごいこのブログを読み込んでくださっている方がいらして、恐縮しつつ、嬉しかったです。そんなに読んでくださるなら、もうちょっと整理しようと思って、カテゴリーを新たにしました。

 

 

私のブログ、思いの丈を書いているのがメインですが、「新しい情報ありがとう」って言われたことが何回かあったので、オススメの情報をもうちょっとわかりやすくできればいいなと思います。

 

 

それにしても、基本、カテゴリー分類なしで書いてきたので、これから過去記事を分類していくのは時間がかかると思います(汗

 

 

大きな変更としては、「覚者レナードジェイコブソン」「覚者ヨガナンダ・パパジ・ガンガジ」の項目を付け足しました。

(あと「引き寄せヨガ」も項目つくったわ〜忘れてた汗)

覚者って、基本中の基本すぎるというか、素晴らしすぎて語れず、引用するくらいしかないので、書きにくいのです。でも、私は覚者が語ってくれることが自分の光だったので、それはオススメしたいなぁと思って、これからちょっと整理していけたらいいなと思います。

 

 

あとは、「私の思うスピリチュアル」を書いていこうと思っています。

すごいざっくりしたカテゴリーですが。カテゴリー分けってすっごい苦手(汗

 

「あべさんのセッションは、何回も聞き直したほうがいいよ!」とお客様に言われて、昨日3ヶ月ぶりに聞き直したのですが、やっぱりスピリチュアルについて書いていくのか。。。とやっと腑に落ちたところがあったので、このカテを追加しました。

 

 

聞き直しはじめたら、そのメッセージに依存してしまう気がして、なんとなく聞き直せなかったんですよね。でも、昨日、micaさんのセッションに行ったんです。そのあとに、あべさんのテープを聞き直したら、わかることが大幅に増えていました。だから、やっぱり、完璧なタイミングで物事は起きているな、と思います。

 

 

micaさん、最近ご紹介していなかったので、リンクはります。

http://ameblo.jp/citta123/

micaさんサイキックなので、もし申し込みのメールを送られて返信がなかったら、それは今がタイミングではなかったということで、しばらくしたら返信が来て、結果完璧なタイミングでセッションが行われますから、、、そういう感じです。

 

 

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM