倭のタントラ 陰陽における陰の力

  • 2015.08.27 Thursday
  • 20:47
こんにちは(^^) fummy(ふみか)です。


倭のタントラの感想を前回のBlogで書きましたが、今回は、その中から、陰陽についてのお話を書かせていただきます。


このお話が、すごく面白かったです。


みちよさんの講座でも、陰と陽、闇と光における闇を受け入れるということを散々やってきました。みんな、しんどかったですよ〜(ToT)私もしんどかった。


でも、それをやったから、今回のお話も、心に染みたのだと思いますkyuそうじゃなかったら、私のことだから、頭でっかちにわかった気になっていたに違いないと思います・・・泣き


自分の中の陰(闇)を受け入れるのはしんどいので、「なぜ受け入れなければならないのか」と考えることもあるかもしれません。受け入れるメリットをね。「メリットはなんなんだ〜〜〜!」と恨めしく思うことがあるかと(^^;)メリットは、受け入れることで苦しみから解放されるから、というか、受け入れるしか道はないじゃんと思っていますが、ShinzoさんAsamiさんのお話で新鮮だったことがあります。


Shinzoさんがこんなことをおっしゃっていました。


「いくら太陽が、虹をつくりたいと照らしても、雨がなければ虹はできません」


太陽という陽の力だけで頑張っても、ダメなんです。雨という陰がなければ、虹はできません。つまり、陰と陽が出会うから、新しいものが生まれるんです。


うわ〜ん(><)感動する!!!!


テキストから引用します。

 

マイナスとプラスが引かれ合わなければ、電流が流れないのと同じく、陰と陽が引かれ合わなければ何のエネルギーも生まれません。



つまり、陰陽を両方受け入れることで、エネルギーができるんです。自分の中にある陰(闇)と向き合って、それを解放して、自分の一部として認めるとき、自分の中でエネルギーが生まれるわけです。


Asamiさんが「自分の運命を受け入れて、陰と陽を受け入れると、どれだけのことが起こるか・・・人間なら、陰陽が出会うとオーラが出来る」とおっしゃっていました。


オーラですって!!!オーラって、生まれつきもあるかもしれませんが、やっぱり自分の力で出すものなんですね。


というわけで、陰を受け入れるメリットは、新しいエネルギーが生まれるから、です。
これが私には、すっごく新鮮でした。これまで陰の意味が曖昧でしたが、明確にポジティブなイメージに変わりました。


再びテキストへ。

陰と陽が交わらない限り、エネルギーは発生しません

多くの人は、そこを理解しないがために、反対の行動(陽)で無理に押そうとして、パワーを失っています。


このこと、、、頭ではわかっても、問題があったら、せっせと解決しようとしてしまいますよね。せっせと解決しようとしても、できないと自信を失ってしまう。でも、陰の力を信頼すると、問題から一歩引いて、問題が解決したその先が見えてくるようになります。(これを体感ワークでやりました)


陰の力を使うと、結局は自分を信頼することにつながるのです。合宿から戻って、私のハートがオープンになってきて、単純に言うと、明るい気持ちでいられるようになったのですが、それは、陽の力で押そうとして不安になっていたことから離れられたからだと思います。解決するかわかりませんが、私には力がある、と思えたからだと思います(^^)


                 *       *       *


さてさて。現代社会では、陽の力のほうがイメージしやすいですよね。競争で勝つとか、頑張るとか、男らしい感じです。


というわけで、陰の力を、もう1つShinzoさんがおっしゃっていた例で言うと(本当は、もっと面白い例も話もあるのですが、それは参加された方のお楽しみということで)、陽の力のヒーローのスーパーマンは、派手に登場して、力で悪をやっつけて、人を助けます。そうして、大衆から賞賛を受けます。一方、ダライ・ラマは、ピースフルに静かに座っているだけで、みんなが集まってきます。力で何かをやろうとしない、静かに座っているのが、陰の力です。そうとらえると、陰の力のパワフルさが伝わってきませんか?こういう力が陰と陽の違いです。


それで、この合宿のテーマはセクシャリティですから、こういう陰の力をどうセクシャリティに活かすのかが気になるところ。。。合宿では、下の写真のように、身体を動かしていろいろなワークをしました。




(画像は、オーガナイザーの方が撮影されたのをお借りして、加工しています)


前回のBlogでも書きましたが、自分と相手の呼吸やリズムを合わせながら、セックスをすることでエネルギーが回ります。そこで、相手の呼吸をどう感じていくのか、どう合わせていくのか、というところで、陰の力が必要です。(と、私は理解しました汗)


相手の呼吸を感じるとき、自分がちょっと引きます。相手が息を吸い終わるまで見守る、という感じでしょうか。相手の動きを完全にサポートする側に回るとき、自分がちょっと引いて、相手の動きが静かになくなる末端まで見守っています。そういうのが陰の力だと思います。


こういう感覚を、身体を使って、合気道や気功を取り入れたワークでつかんでいきました。


この体感に、めちゃくちゃ価値があると思います。(特に、お勧めは自分のパートナーと体感していくことです。男性の方は、同じ男性であるShinzoさんから伝えてもらったほうが取り入れやすいのではないかなと思います)


自分の身体に対しても、この感覚を感じてみると、自分が愛しく思えてきます。天から来る陽のエネルギーと、地から来る陰のエネルギーを意識しながら、身体の中で呼吸を回していくと、元気になります。


倭のタントラでは、「自分の性器とハートをつなげる呼吸」もあります。性器をハートとつなげるんですよ?こんなに性器を大切に扱う意識って、ありますか?kyuわたしは初めて知りました。こういう風に性器やセクシャリティを理解していたら、自分が女性であること、男性であることが愛おしく感じられるように思います。


倭のタントラに参加できて本当によかったです。
ShinzoさんとAsamiさんに心から感謝しています。そして、一緒に参加してくれた勇気あるパートナーにも♪


倭のタントラは、東京・大阪・福岡などで開催されていますから、みなさんチェックされてみてくださいハート


では〜!


♪下記にリンクをはっておきますね♪
 倭のタントラのHP
 今後のイベント
 ShinzoさんのHP


 

スポンサーサイト

  • 2017.06.27 Tuesday
  • 20:47
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM