葉山でミラクルな出会い

  • 2017.04.30 Sunday
  • 23:55

 

 

こんにちは。

 

 

今日、葉山にいってきました。

不動産屋とはなんの約束もせず。

とりあえず、葉山の土地勘をもう少しつけようと思って。

 

 

大船の美味しい立ち食い寿司屋で腹ごしらえをして。

(ここ超オススメ。大船駅の改札内にあるんです、新鮮で安くて美味しい)

 

 

品川から逗子は、あっという間。案外近いですね。

 

 

逗子からは、どのバスに乗ればいいのかわからなかったのですが

「葉山一色」と書いたバスが来たので、それに乗りました。

 

 

が、これはきっと失敗だったんだろうな。

私は秋谷あたりに行きたかったのですが、

葉山一色からは30分以上歩いたんじゃないかな。

 

 

 

終点の葉山一色で降りて、大通り沿いをてくてく

目に入る神社にお参りしながら歩きました。

道路沿いの家々は、海を見下ろせて素晴らしいだろうけど、

道路のすぐ側じゃ、今の六本木の家よりはるかにうるそうです。

 

 

道路沿いをただ歩いているだけだと、町のぬくもりというのはほとんど感じられなくて、

「あれ?こんなところだっけ?」と思いました。

 

 

以前葉山に来たときは、知り合いが案内をしてくれたので、

とてもいい町だなぁ、と思ったのです。

 

 

こっちに来たら、すごく孤独になるんじゃないかしら?

 

 

今ちょっとハチニゲのサイトのことで思い悩むことがあって、

なんとなく沈みながら歩いていたのですが、

秋谷からバスに乗ったら見えた夕陽はとんでもなく綺麗で、少し潤う。

 

 

 

 

また途中下車して一色海岸で砂浜に降りました。

 

 

 

海は大好き。

波の音を聞きながら、砂浜をざくざくざくざく歩いてると、

なんとなく笑顔になる。

 

 

こういう場所が近くにあるなら、大丈夫かもしれない。

 

 

日も暮れてきて、携帯の電池も切れちゃって、また若干心細くなって、

海辺でBBQしている人たちを見て、羨ましくなる。

家族がいたら、子供を通じてとかいろんなつながりができるのだろうけど、

東京から来た1人暮らしで一軒家に住もうとしている女って一体・・・・。

自虐的になるなど。

 

 

 

夕飯を食べようと思って、海沿いにあるすごく立地のいいデニーズに入ろうかなぁ、と思いましたけど、

1人でデニーズも寂しいしなぁ、プリさんの「ハートオープン」を思い出して、せっかくだから地元っぽいカフェに入ることにしました。

 

 

 

店内はいっぱいで、ちょっと寒いけど、テラスに座らせてもらって、

店主のおじさんが気さくな感じなので、

「あの!東京から来たんですけど、この辺で住むなら、

どこがいいですか?」と声をかけました。

 

 

そしたら、

 

 

「なんということでしょう。うちは葉山と鎌倉で不動産屋もやっているんです」という驚きのお返事。

 

 

ミラクル。

そっから、不動産談義の開始です。

 

 

マンションと一軒家両方見せてもらったのですが、

「ここがやっている物件はすごく信頼できるんですよ。他より高いですけど。

 最近の安い物件は、ベニアの厚いのに釘じゃなくて、ばちんばちんとやってつくってますから、

 すぐガタがきて大変ですよ」

「この市街調整区域というのは、本当は住宅を建てちゃいけないところなんです。

 法律ができる前に建てた家なので、現状ままならいいんですが、オススメしません」

「この人のデザインはすごくうまいんですよ。周りの家と目線が合わないように

 計算されているんです。ベランダもすごく高い塀をいれてるんで、一見壁が高く感じますが、

 これなら日差しは入るし、開放感もあるけど、カーテンをひかなくても大丈夫」

「このマンションは古いからすごく安い。リフォームなら○◯円でできるから、それだと予算内ですよ」

とかいろいろ教えてくれました。

 

 

私が最後に、まだ土地勘がないので、こっちのほうについて色々知ってからじゃないと

選べないと思うんです、とお話したら、

 

 

「全然いいですよ」と。

「こっちをいいと思ってくれたなら、街を案内することならすぐできますから連絡ください」と。

(ゴルフで忙しくないとき以外はw)

 

 

私がサロンをやっていることを伝えると、

「葉山や鎌倉のあたりだったら、お客さんはいると思います。

 大船や藤沢のほうだと難しいと思います」

と教えてくれたり。

 

 

この方は、鎌倉で素敵なレストランなんかもやってらして、

いろいろと詳しそう。

 

 

「お客さんにはもう引っ越すことを伝えてあるんですか?」とか、

「今のお客さんが来てくれるなら、海が綺麗とかそういうプラスアルファがある場所、

 鎌倉とかがいいかもしれませんね」とか、

「いきなりこっちにくるより、少し様子を見て、

 こっちでもサロンが出来そうだ、という自信がついてから、

 本格的に引っ越したほうが不安がないかもしれませんね」

などなど、良心的な提案もしてくれました。

 

 

こっちに来たら、私はコドッキーになる、という不安は

こういう出会いによって、解消されたのでした。

プリさん式オープンハートは効き目があるんだ、きっと。

 

 

おじさんと別れ際、

「今日1時間以上歩いたんです」といったら

「1時間なら全然大丈夫ですよ。ゴルフだと5〜6時間歩きますから」と返されました。

おじさん、遊んでるなぁ。

 

 

長くなったので、いったん切ります。

 

 

ではでは。

スポンサーサイト

  • 2017.08.19 Saturday
  • 23:55
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM