ヨガとオキシトシンと恋愛の醍醐味

  • 2016.09.21 Wednesday
  • 00:04

 

 

こんにちは。

 

 

「引き寄せヨガ」に1ヶ月ぶりにいってきました。

 

 

相変わらず、いい話をしてくれます。

 

 

今回は、オキシトシンについて。

 

 

オキシトシンは、愛情ホルモン、恋愛ホルモンみたいに言われます。

これがふんだんに分泌されると幸福になり、自他に寛容になる。

 

これをマウスに打つと、離れていたマウスがくっついて過ごすようになります。

 

 

このオキシトシンを増やすには、どうしたらいいか。

 

 

こんな実験があるそうです。

 

 

結婚前のカップルに10分間キスをしてもらう。

そうすると、女性はオキシトシンが160%アップ。

対する男性は23%アップ。

 

なんだこの違い・・・(^^;

 

きっと男性は、これから始まる責任の重さに理性的になっているんでしょうね。

 

 

さて、オキシトシンを増やす最もいい方法は、何だと思いますか?

 

 

それは・・・・

 

 

それは・・・・

 

 

他者に命を預ける

 

 

 

だそうです。

 

 

 

スカイダイビングで、インストラクターに命を預けると、

オキシトシンが160%もアップしたそうです。

 

 

先生曰く、「信じる力」がすごく大事、ということです。

 

昔は、もっと科学も少なくて

学校も論理的に考える訓練をするばかりではなく、

きっと「信じるしかないこと」や

「信じたくなること」がたくさんあったと思うのですが、

現代は違うよね、と。

 

 

信じるとは、「他者に命を預ける」ことなんだなと思います。

 

 

 

誰かに告白したことありますか?

 

 

大切な人に本音を打ち明けたことありますか?

 

 

それって、この「他者に命を預ける」に似ている気がします。

 

 

駆け引きがない。

自分を守らない。

あなたの前に自分をさらす。

 

 

十分、勇気のあることです。

 

 

だから、恋愛は、こわくて、そしてやりがいがある。

 

 

そう思います。

 

 

付き合っていても一緒。

 

 

相手に命を預ける、そういう感じで、

自分をさらしていくから、

絆は深まるし、

自分が刷新されていくような成長が待っている。

そういう心が震えるコミュニケーションと勇気が恋愛の醍醐味だと思います。

自分<相手の瞬間がやっぱり絆を深めると思います。

 

 

愛されたり、幸せになりたい、も大事だと思いますが、

状況を打破するのは、こういう心意気かな、と思います。

 

 

もちろん失敗することもあるけどね。

のたうちまわって傷つくけどね。

でも、死なない。

死なない自分を知ることができるし、

そういう自分を信頼することができる。

 

 

どっちにしろ、自分を賭けると、

寛容というご褒美をもらえる気がします。

 

 

引き寄せヨガ、やっぱりいいな、と思いました。

 

 

では^^

スポンサーサイト

  • 2017.05.25 Thursday
  • 00:04
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << May 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM