りょうこさんのブレスワーク(後編)  呼吸の凄さ。母とパートナー

  • 2016.05.19 Thursday
  • 11:30
こんにちは(^^)


前回の続きです。


呼吸をして、手足がしびれてきたところで、
りょうこさんが「寝よう」と言って、横にさせてくれ、
横での呼吸が始まりました。
そうしているとすぐに喉が痛くなりました。



そして、喉には母がいました。
わたしの母。聖母マリア。すべての母。


それから、若干の涙がでました。


それを言葉にできないのですが、
母の不自由さを感じたのかもしれませんし、
母への共感を感じたのかもしれません。


母は、わたしが一番幸せにしたい人の1人です。
でもそれはそう都合よくは叶わず、
まるで片思いしているかのような葛藤を抱く1人でもあります。
母に歩調を合わせたかった私の涙だと思います。


そうして、呼吸は嗚咽で自然に終わりました。


りょうこさん曰く、
母親の影響を無意識にも受けているので、
母親のこととパートナーシップは
リバーシングではよくセットで出てくるそうです。


この日のセッションは、エネルギーが通った、
いいセッションだったなぁと思います。



リバーシングは、呼吸を通して気(プラーナ)を取り入れる行為で、
プラーナを取り入れるとそれまでの自分とは変わってしまうので、
そこに抵抗があると、寝てしまうそうです。
最初10秒くらいで寝ていたそうです(^^;



りょうこさんがおっしゃっていた
「気がついていないこともトラウマだからね」というのが印象に残っています。


気づいていても気づいていなくても(無意識でも意識的でも)
いろんなことが今、浮上して変わっていく時期なんでしょうね。



自分のなかのエネルギーが通ったからか、
自分をより一層、自由にしてあげようと決めると
なんかちょっと爽やかな感じがします。



りょうこさんの素敵なサイトはこちらです。
http://aanannda-cinema.com

チベット薬草のバスハーブしながらの
ブレスワークのモニターを募集されています。
https://aananndacinema.wordpress.com/2016/05/19/モニター募集%E3%80%80薬草と呼吸のデトックスセッショ/








 

りょうこさんのブレスワーク(前編)  呼吸の凄さ。母とパートナー

  • 2016.05.19 Thursday
  • 11:29


こんにちは(^^)
最近、気がついたら家ではめっちゃ若作りになってたふみぃです。
外着とパジャマともう1つ家着というジャンルをつくり、
ガンガン好きな格好してたら、なんか楽しくなってきました。



さて、昨日、りょうこさんのリバーシングとフィボナッチで交換セッションをしました。
りょうこさんは、わたしが7年くらい前に最初にリバーシングのセッションを受けた方です。
その頃はまだ知り合っていないえりさんのブログでりょうこさんのリバーシングを知り、
青山のりょうこさんのセッションルームを訪ねていきました。
その頃で5回くらい通ったのだと思います。



そのあと、りょうこさんはしばらくセッションをおやすみされていたのですが、
今回、お願いして、セッションをやってもらいました。


これまでリバーシングでは、わたしは結構ゆるやかな呼吸をしてきたのかもしれない、、、
と思うくらい今回の呼吸がすごかった!


カウンセリング的なことは、そんなに深堀りをせずに、「呼吸」に集中してやりました。
まず、体を軽く動かして、呼吸が入りやすくして、
それから鼻で横隔膜をはげしく動かしてするファイヤー呼吸。
(ここらへんの呼吸を、つい先日「引き寄せヨガ」でやり、
 なんとなくポイントがわかっていたのもよかったです。
 「引き寄せヨガ」はまた書きます)



さらに、両腕を上に伸ばしてファイヤー呼吸をしたりして、準備運動完了。
いよいよ横になって呼吸を始めます。


リバーシングは鼻呼吸が基本で、わたしも鼻呼吸をしているつもりでしたが、
りょうこさんに「今、喉をこすってるのわかる?」と言われてびっくり。
りょうこさんが、完全な鼻呼吸と、喉も使っている呼吸の違いをやってくださり、
始めて「おお、これが鼻呼吸か」とわかりました。(音が全然違う)


それで鼻呼吸をはじめるのですが、、、、


もう本当にものの10秒くらいで寝てしまいます!


りょうこさんにトントンとされ、「集中して」と言われて意識が戻ってきて、
頑張って呼吸してみるもまたすぐ寝てしまう。
このまま寝れたら気持ちいいだろうな〜という感じw


それで今度は、このままでは寝てしまうので、座位で呼吸をすることに。
あぐらをかいて座って、呼吸に合わせて、体を丸めたりそらしたり。
「もっと大きく動かして」とりょうこさんに言われて気合いも入ります(笑)


「ふわ〜気持ちいい〜」とかじゃなくて、
運動だと思ってとにかくやろう!という感じでやっていると、
最初は辛い鼻呼吸がだんだんリズムにのってくる感じ。
船を前に前に漕いでいる感じ。


そうしていると、体がどんどんシビしれてきて、
手、足がしびれ固まっていきます。
じょじょに体の動くところが狭くなってくる感じがします。


もう、呼吸の通り道と、内臓しか残っていないんじゃないかと。
どんどん削られていくような感じがします。


体は必死に呼吸をしながら、心はまったく違う次元にいるようで、
このとき思ったことは、ノートにメモしておきたいくらい冷静。


わたしが考えたのは、パートナーのこと。
パートナーのことなので、ぼかしてしか書きませんが、
彼をなぜ待っていたのだろう?
わたしは行くのだ。自由でいいのだ。
彼に何を期待していたのだろう?
私はもう彼を待たない。
彼が理解してもらおうとしない。
彼が理解してくれるまで待たない。
私は私の生き方を示すだけでいいのだ。
そして、そのほうが本当は2人の関係をいきいきとさせる。


というようなことを思いました。


えりさんとの交換セッションで「彼への執着を手放す」というのが
数日前に出てきていて、そのときは、よくわかりませんでしたが、
呼吸しながらわかりました。


私のことをわかってくれるのは彼しかいない、という思いが私にはすごく強くあります。
私の守護神であり、パワースポットでもあります。
(キネシでもそうでるし、見える人には、彼がいつも守っていると言われます。
 彼はわたしの太陽なわけです)


なんだけれど、だからこその執着があるのだなぁとわかりました。
一見、それはハッピーな関係だし、
彼を待つ私は良い彼女に見えるかもしれません。
フィボナッチとブレスワークがなければ
わたしがそこに気づくこともなかったと思います。



彼が大切だからこそ、彼と歩調をあわせたかったのだなと思います。
そして、周りの顔色を伺って、都合よくほどよく、
自分を生きるなんてことはできないんですよね。
自分を生き切るしかできないわけで。




そういうことを思いながら、呼吸をしていると、
もう手足がしびれてきて、自然に手が上がってきちゃうんですね。
(しびれてないところが身を寄せようとするというか)
心の中で、何度も「もう呼吸止めてもいっすか?」って言いたかったけど(笑)
りょうこさんが何もいわないってことはまだ続きがあるんだろうと思って呼吸してました。


それで、続きはあったのですが、もう時間なので、明日書きます。
ではでは〜


りょうこさんの素敵なサイトはこちらです。
http://aanannda-cinema.com

チベット薬草のバスハーブしながらの
ブレスワークのモニターを募集されています。
https://aananndacinema.wordpress.com/2016/05/19/モニター募集%E3%80%80薬草と呼吸のデトックスセッショ/

 

PR

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM