欲望と希望は違う

  • 2017.04.26 Wednesday
  • 00:19

 

こんにちは。

先日、実家に帰ってしまって、書けなかったので、ノートにメモしていました。

それを思い出しながら。

 

 

これまでの自分の人生を振り返ると、

(こっから数十行振り返るので☆☆☆まで飛ばしてください・・・)

中学受験をしていいところに入って、

大学もそのままいいところに入るべきなんだろうな、と思いつつ、

「そういうことじゃないんだよなぁ」という気持ちをぬぐえず勉強できず、

適当なところに行き、(でも、いいところに落ちた時は一丁前に落ち込むw)

将来のことなんて考えるのが嫌だったので、

ただ文章が好きだったという理由で文学部に入り、

友達をつくろうという気力もなく、のらりくらりしていたら

ほとんどのサークルの新歓を逃してしまい、

新歓を遅くまでやっていたのが唯一の出版サークルで、

ここでも文章が好きだったので、迷わず入り。

そして、文章が好きということしかわからなかったので、出版社に入りたかったのですが、

自分にはそんなセンスも体力もないため、

友人から出版社の入社に優位らしいという噂の

某大学の某学科を聞き、勉強して途中から入学(ダブルスクール)

エリートとして電通、朝日新聞、NHK、集英社、日本テレビと

のきなみ優秀な就職を決めていく友人たちをしりめに

「そういうことじゃないんだよなぁ」という気持ちをぬぐえず、

真面目に就活で自分の長所を述べたりすることもできず、

でも文章に関わること以外で、まともな社会人になれるとは思えず、

編プロに入りました。(でも、いいところに落ちた時には一丁前に落ち込むw)

入ってから、どうして私は給料とか福利厚生を重視しなかったんだろう?とハッとしたくらいに

安月給でブラックに染まった会社でした。

そこに2年間いる間に鬱で同期は次々退職(先輩後輩含めると退職率75%くらいだったw)。

それから、比較的まともな会社に脱出(転職)。

雑誌をつくりました。

最初の3年くらい?は契約社員で、正社員との差(仕事はこっちが大変なのにボーナスがないとか)に恨みつらみを抱えていました。

そこで6年以上いたと思うんですけど、毎月毎月出すのに疲れて、「休みたい」と口走るようになったころ、

彼氏に「本気で仕事をやりきってから退職しないと何がいやだったのかわからなくない?本気でやれ!」とハッパをかけられ、

マジで本気で仕事したら、適応障害を発生(最後に最高の仕事ができたので悔いはないです)。

そこから1年休職しました。

基本的に休むなんてできない人だったので、

3ヶ月足らずで顔のマッサージをこっそり開始。

そのまま音叉習ったりね。

この流れで、顔のマッサージをやる私とヒーリングをやる私がいます。

 

 

☆☆☆

 

振り返ると、私は「すでに社会にある職業につくのは無理だろうなぁ」と昔から思っていたんだなぁ。

でも、どうしていいかわからなくて、自分をそこそこに偽らずに、そこそこに受け入れてもらえそうな社会の中でのポジションを探していた。でも、ポジションに染まり切ることはできなくて、不安を抱えたままいったりきたり。これまでずっとそうでした。

 

今が一番、望んでいた形に近くなってきたのかもしれない。

 

ここに来て、もう一段深く、自分の好きなように生きちゃいなYO!と言われている感じがします。

もう、顔のマッサージとか音叉とかやめちゃえばいいのに、みたいな。

お金稼ぐ必要があるから、やってんじゃないの?みたいな。

んー、そうなのかな?結構好きなんだけどな・・・どうなんだろうというところで揺れます。

実際、お金も必要だしね。

 

 

そうやって、自分の内面をサーチしているうちに、

欲望と希望は違うんだなぁと思いました。

 

 

欲望は、きっと他の人の目線を通して見ている、夢みたいなもの。

モテたいなとか、人に好かれたいなとか、人を招待できる家に住みたいなとか。

働いていたいなとか、いい会社入りたいなとか、褒められたいなとか、認められたいなとか。

人に感謝されたいなとか、人を助けたいなとか。

 

これを叶えるのって、なんか試験みたい。

できるの?できないの?っていう他人の目が入る。

 

他人の目を気にしてできた夢だから、結果のジャッジにも他人の目が入る。

 

できるの?できないの?

 

そういうプレッシャーをはねつけてやるのがカッコいいと思う人もいるのだろうけど、

私は萎縮する。

 

 

希望は、自分の中から出てきたもの。

自分の中から出てきたものだから、結果を待たずに、希望そのものを生きることができる。

 

 

純粋な希望って、なんだろう?

 

 

純粋な希望と自分が一体になったら、とてもいいよね。

それを今、いろんな角度から試行錯誤している感じです。

 

 

☆☆☆

 

 

これまで、瞑想の意味って、よくわからなかったんだけど、

自分の中にある欲望と希望をジャッジャッっとふるいにかけて、

希望をわかりやすく見つけてくれるものかもしれないなぁ。

 

それなら、わざわざ瞑想する意味があるかも。

(瞑想は、歩きながら、料理しながら、踊りながら、いつでもできると思っているのです・・・一応

 てか、最近瞑想瞑想って書いてるってことは、きっと私に必要なんだろうなぁ)

 

 

☆☆☆

 

自分の気づきを夢中でノートにメモしている時、情熱が体を駆け巡り、

まったく寂しくありません。1人だけど、1人じゃない。

夜中に起き上がって、「あ!これだ!」と思ったことをノートにメモする。

そういうことを10代ではやっていました。

朝になって、何書いてたんだろう?と思うこともしばしばですがw

 

卒論を書いている時、私は三畳一間で一人暮らしをしていたのですが(笑)

あの時も、夢中で書いているときは、何かに守られているような気がしました。

 

書いている間は、1人だけど1人じゃない。これは私の希望だなぁ、とわかります。

 

 

読んでくださっている方、どうもありがとうございます。

 

 

 

 

では。

 

 

自分の本音がわからない時

  • 2017.04.21 Friday
  • 00:43

 

何が本音なのか、時々わからなくなります。

そういうときは、大抵、寂しいときなのかなぁ。

 

 

何が本当に欲しいのか、わからなくなるとき、

「欲しいものは全て現実化しているよ」という言葉を思い出します。

 

今、この現実は、私が欲しいもので溢れている。

そうれであれば、誰も羨む必要も、責める必要もなく、

ただ、「はい、そうです、これが私の欲しいものです」と

素直に言えたら、いいのにな、と思います。

 

 

まだ、人生は続く。

引っ越したい/何を捨てるのか、選択に迷ったときは?

  • 2017.04.19 Wednesday
  • 21:44

 

こんにちは。

 

 

書きたいことは、山ほどあるのですが、、、とりあえず、引っ越しのことを。

 

 

今、絶賛引っ越したいです。葉山とか逗子とかに。

 

 

書くことに集中したいと思った時に、

引っ越したい気持ちになりました。

(その前に彼が、「執筆部屋を葉山に借りる?」といったのです。

 その時は、「え?いらなくない?」と言ったのですが。

 彼は時々エスパーなので、私のこの気持ちの変化を先取りしていたのかも・・・)

 

 

 

書くことに集中したいなぁと思った時に、何か捨てるのが自然だなと思いました。

追い込んだ方が書くよな、というのも1つあるけど。

今の都会の生活の贅沢?に満足してきたのもあると思います。

あと、こっちにいると社交が忙しくなっちゃうからね。

 

 

自分の感性がゆったりと開くのって、もっと人が少なくて自然がある場所かな、と。

なんとなく西麻布には、麻布十番では感じなかった圧があるんです。

エネルギーが強いっていったら、いいのかしら。

それはすごく素敵だし、仕事をバリバリするには向いていると思うのですが、、、

ただ単に今、自宅サロンなのでプライベートな場所がもっと欲しいだけかもしれません。

 

 

書くことって、私にとってお金になりません。

それでも、スピリチュアルの、私が書けるかもしれないことを勉強して研究して書いてみたい。

ダメかもしれないけど。書くことに賭けてみたい。

 

 

 

もしそれができたら、最大限の贅沢なんじゃないかと思います。

 

 

 

スガシカオが働いて300万貯金して、そのお金で家にこもって作曲して、

これでダメなら、もう本当にダメ、という状態でデビューできたんだけど、そんな感じ。

 

 

 

一年間生活するのに何円かかって、その蓄えがいくらあったら、

書くことで芽が出るまで、耐えられるのかわかりません。

もし、芽が出なかった時に、他の道を用意しているわけでもないから、マイッチング。

就活するのかなぁ。でも、そのとき40手前だったら、就職できないかなぁ。

 

 

怖い。人に理解されない。変人と思われる。自信過剰と思われる。人には言えない。ますます親に言えない。

(ブログに書いちゃうけど・・・笑)

でも、人生を振り返ったときに、後悔がないのは、

「私はあの時期書くことに挑戦してみた」って思ったときだろうな、と。

なんて幸運なんだろう、と思うだろうな。

(書くっていってもこのブログみたいなのを書いて、

 あとは延々と私の思うスピリチュアルを地味にまとめていくっていうだけだと思うんだけどね)

 

 

書くためなら、生活コストを下げていくことも考えられるな、と思いました。

必要なものが一気に少なくなったので、引っ越したいと思ったのかもしれない。

でも、さっきもTSUTAYAカフェでスタバのコーヒー飲みながら、本を読み漁っていたし、

こういうところは都会のいいところだと思います。

 

 

 

これまでは、顔のマッサージで集客をすることに力を注いで、

サロンを運営することに力を注いで、成功するのがいいんだってずっと思っていました。

 

 

 

成功したいというより、それが私と周りにとって、

「自分が頑張っている」「成果を出している」とわかりやすく納得できる道だから。

 

 

だって、スピが好きで、いろんなの習ってスキルを身につけたわけでしょ?

顔のマッサージだって、1年間ならって、都度都度、関西の先生のところに施術チェックをしてもらい、

ここまで腕を磨いてきたわけでしょ?

 

 

それなら、サロンワークをやってたくさんの人に来てもらうのがわかりやすいじゃん。

 

 

 

でも、あべさんのセッションで、

「今、あなたがうまくいってないのは、それはあなたの道じゃないからです」と

言われたときに、

 

 

 

「え・・・!!!わたしって、うまくいってなかったの!!!???」とビックリしました。笑。

 

 

うまくいってない自覚が全然なかったです。

たしかに、顔のマッサージもヒーリングもビジネスにしたくないなぁ、とか、

立て続けに予約が入ると、ちょっとビビることは多々ありましたが、

それは改善していかなきゃならんものなんだと思っていました。

 

 

 

それはうまくいってないってことなんだ・・・!!と。目からウロコがバラバラ。

 

 

 

「気分がのらないっていうのは上手くいってないってことなんだよ〜」とあべさん。

そう言われたら、本当にそうだと思います。

まだまだ自分の心の声を聞けてないなぁ。

 

 

 

でも、顔のマッサージをするのは好きなんだよなぁ。

私、楽器弾けないけど、楽器弾ける人って、こんな感じかなっていうような手応えがあるんです。

私が身体をつかってできる数少ないことの1つ。料理も下手だしね。できること少ないんです。

 

 

 

 

そうそう、先日、顔のマッサージの先生がいらして、

先生にはじめて、技術に太鼓判を押してもらえました。

上手くなってるね〜とは言われていましたが、太鼓判は初めて。

先生が「音叉とか顔のとか、今後も続けていこうという感じなんですか?」と聞かれたので、

「いえ、私にとって稼ぐ仕事は編集かもしれないと思っているんです」という話をしました。

 

 

 

先生は、顔のマッサージ1本でされていて、全国からお客さんが集まる方なのですが、

それでやっていくことの難しさをものすごくよくわかっていらして。

また、これをビジネスビジネスとしてやるおかしさもわかっていらして。

 

 

「環境があって、その中でやりたいことをされていくのがいいですから、全然いいんですよ〜」と。

 

 

ここまで色々教えていただいたのに、なんで辞めちゃうの〜とかは一切ない。

それは先生が、自分の開発したスキルを広めて儲けようとか、

教え子たちからお金を吸い取ろうみたいなのが一切ないからっていうのもあると思うんですけど。笑。

本当に真っ当な仕事をずっと続けている方で、心から尊敬します。

 

 

うーん、それでも迷う。

今、ばっさり東京で顔のマッサージやサロンワークをやめてしまっていいのだろうか。

引っ越し先でもやった方がいいのか?そこにお客様はいらっしゃらないんじゃないか。

いや、そんなことしたら、本末転倒じゃないか。

そんな風に考えるのって、私のエゴじゃないだろうか?

また、気が変わるんじゃないだろうか ・・・ etc

 

 

 

今、美容系音叉を教えませんか?というお声がかかっています。

そして、顔のマッサージもうちの店舗でやってくれませんか?というお声もかかっています。

 

 

自分のサロンは閉じて、引っ越して、

月に数回東京に出てきて、そうやって他の方のところで仕事をして、

人と触れ合ったほうが、精神衛生上もいい気がしなくもない。

 

 

 

それとも、東京でサロンワークをできる状態にしつつ、

1週間交代とかでデュアルライフを送るのがいいのかしら。

 

 

 

自分の弱さもよくわかるので、

もし引っ越しが、頭で考えた理想だったら痛い目を見て立ちすくむだろうな、と思います。

 

 

 

わかりません。

引っ越したいと思い立って、まだ3日くらいなので、

「やっぱり引っ越しませんでしたー」となっているかもしれません。

 

 

 

迷った時は、一度手放します。

コントロールしようとしてもロクなことがないですもんね・・・

 

 

 

引っ越しに関する情報くださーーーーい!!

かみさまーーーーーー!!!

 

 

 

というわけで、葛藤日記でした。

 

 

 

では!

 

 

 

”マインドは、実は何かを決断することが苦手です。

ぐるぐると考え続けて、結局、自分が決めたというより、

外側からのプレッシャーによる決断をしてしまいます。

   〜中略〜

決断するときは体の声を聞くようにすると、自分の状態にあったベストな決断ができます”

 

クレッグ・ジュンジュラス「心のゴミを掃除する方法」

 

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM