自分を知るのが大事(3) 自己認識ワークとの出会い/楽しかったことを思い出す

  • 2017.05.28 Sunday
  • 23:52

 

 

こんにちは。

 

 

 

やっと書きたいことに辿りつきました〜〜

 

 

「自分の足を引っ張るものをどうにかしたいぜ!」という願いと、

「自分を知るのが超大事なんだな」っていう発見をしたあとに、

 

 

盟友えりさんがブログで素晴らしいものを紹介していました。

http://blog.ericreation.com/?eid=184

 

 

えりさんは、フィボナッチから帰ってきて、45回交換セッションをした仲間です。

しばらくやってなかったんですけど、先般、もう一度フィボナッチの交換セッションして、

その時えりさんの話って、具体的な内容は私と全く違うんですけど、どこか通じるところがあるんです。

 

 

以前、micaさんに「2人は今似たような状況にいるから、

2人でよく喋ってみて」と言われたことがあり、

「へぇ〜そうなんだ〜」と軽く思っていたのですが、

まだシンクロするところがあるんだなぁと思ったんです。

(私から見てシンクロするって意味ね)

 

 

それもあって、てか、えりさんには全幅の信頼をおいているので、

えりさんが、この本を買って、2週間でワークをやり遂げたと書いてあるのを見た時に、

あ、これはやろう、と思ってAmazonで注文したわけです。

 

 

これ、届いて中身を開いておったまげたわけですよ。

 

 

何をするって、0歳から1年ごとに起こった出来事を書いていくんですよ。

覚えていることと、実際の出来事。あんまり感情的にならずにね。

このワーク、強烈。

すっごい地味だけど、すっごい効果があって、すっごい勇気がいる。

 

 

 

「スピリチュアルって、泥臭いことなんですよ」って前にmicaさんが言ってたけど、

こんなに泥臭いワークないですよ。

 

 

 

それで、やってみたんです。

先日の茨城旅行の際に旅館で夜に、ゆっくり思い出しながら。

 

 

それを思い出して0歳から書きながら、子供の頃の楽しかったことを思い出して、

ワクワクして眠れなくなったというw

 

 

 

すごい楽しかったことを思い出してしまった。

楽しかったことって、兄と一緒に、

ソファーをひっくり返して秘密基地をつくったり、

穴あけパンチで白い紙に穴をあけまくって、できた白い紙を

「お米だ!お米だ!」っていってまいたりとか、

狐のぬいぐるみをお風呂に入れて

「カットしよう!」って言って毛をはさみで切ったりとか(フサフサな毛ってわけでもないのにw)、

押入れから布団をだらんと落として「滑り台だ!」とか言って滑ったりとか、

狐のぬいぐるみを集めていたんで、それを箱につめて車に見立てて

コンちゃん号だ!っていって、家中を旅させたりとか。

そういうことなんですけど。

 

 

 

箱に狐のぬいぐるみを詰めて、家の中をずりずり引っ張って歩いて

超楽しいって、どういうテンションだったのか、今となっては謎ですよ。

 

 

今、箱とぬいぐるみを与えられても、1分ももたないでしょ。

 

 

でも、それが腹の底から楽しかった。

 

 

 

ていうことを思い出していたら、兄は遊びの相棒だったんだなぁと思いました。

 

 

私にとって、こういう無邪気な楽しさってすっごく大事で、

きっと男性に求めるものも、こういう楽しさへの理解なんだな、と気づきました。

こう書くと、あっさりしてるけど、私にとっては結構大事な気づきでした。

 

 

そんなことを思っていたら、翌朝、彼氏が、そういう遊び心を非常によく示して、

なんかシンクロしてんなぁと思いました。

 

 

というわけで、自己認識ワーク、続きます。

 

 

では。

 

 

 

 

自分を知るのが大事(2) 現実を知る

  • 2017.05.28 Sunday
  • 23:17

 

 

 

こんにちは。

 

 

プリさんのtweetから。

 

 

今にいつづけるということは微細で微妙な変化進化をみのがさず毎瞬、常にちがうということをアジャストしながら生きていくということです。    

 

 

起きる現実が答えをもっていますからシンドイ状況というのはゲームをクリアするように対応できれば、人生の滞りの解放に確実につながります。 ただ関わる現実に自分のなかでスジが通らないまま居合わせている場合は すみやかに離れることをオススメします。

 

 

自分の全ては、現実に現れています。

だから、現実を見て、その真意を理解することができれば、

的を射た変容ができるはず。

 

 

 

この的を射るのが難しいんだよね〜

現実の真意は何さ!?

 

 

わかんないし、正解もないのだろうけど、

今、今、今、今の自分の感情や状態を知っていくことは、

現実を知るということで、

反対に言えば、現実をよく見ることは、

自分を知るということにも通じると思います。

 

 

 

☆☆☆

 

 

先日、音叉講座のアシスタントをしました。

そいで、1日目の講座が終わったとき、

私は全然眠れなかったんです。

 

 

体は眠いのに。

 

 

そういう時に、自分を邪魔する意識をすごい感じる。

ヒーリングの高いエネルギーに触れて、

良い状態にいくのが怖くなる時が時々、いや、結構あります。

 

 

自分の感覚をごまかしたくなる時。

 

 

 

 

 

そういう時って、

「あーなんで私ってこうなんだろう」と自動的に自分を責めちゃう。

責めると、そこで思考が停止して、

モヤモヤするかイライラするか被害者意識になるかになるんですけど、

自分を知ろうキャンペーンを実施していると、

「あ、自分の中に足を引っ張る意識があるのか」といったん受け止めることになる。

 

 

そうすると、じわぁ、とその意識を感じていって、

こういう足を引っ張る意識は、どうして出てきたのかな、それを知りたいと意識して

一度、放っておくことになります。

 

 

ただ知るという観点に立てば、

モヤモヤするよりかは、クリエイティブな方向に持って行くことができる気がします。

 

 

なんだかんだ理屈を書いてきましたけど、

この自分の足を引っ張るものをなんとかしたい!

じゃないと、書いていけない気がする!

という、ヒッジョーにエモーショナルなものが、

自分を知ろうというモチベーションになってます(笑)

別にだいそれたものを書くわけでもないのに、

書くってことは私にとって、すごいモチベーションの源泉ですわwww

 

 

このモチベーションは、子供にとっての大切なぬいぐるみみたいだなぁと思います。

ぬいぐるみ自体の価値は、他人にはゼロっしょ(笑)

他人にとって価値はなくても、私には唯一の大切なぬいぐるみ。

新品のぬいぐるみに変えてあげるよって言われても嫌じゃん。

そんな感じに、大切なんです。

そういう風に何かを大切にすることを人に言うのはちょっと恥ずかしい。

照れ臭い。だから、書く人って、心臓に毛が生えているって言われている。

そういうタイプの人間なんだなぁと思います。

 

 

☆ ☆ ☆

 

 

成長するって、今の自分では見えないところが見えるようになるってことだと思うのですが、

今の自分では見えないんだから、すっごく難しいよね。

今の自分にはない発想を獲得していくってことだと思うんです。

 

 

そうすると、すっごく創意工夫しないと成長できないんじゃないかなーと思いますわ。

(神様が完璧なプログラムを組んでくれるので、生きてるだけで

 基本的に成長できるようになっていると思いますが、自由意志が尊重されるんで)

 

 

 

思考実験の繰り返しで成長するのかもなぁと思います。

 

 

 

ダウンタウンのまっちゃんが、

島田紳助のコントを全部書き起こししたとか。

浅田次郎が小説を書けないときは、

著名作家の小説を丸写ししたとか。

 

 

自分より先をいく人の真似をするのは有効なんだと思います。

 

 

 

なんか成長の話になっちゃっいました。

なんでだ?ま、いっか。

 

 

 

 

では!

自分を知るのが大事(1)

  • 2017.05.28 Sunday
  • 22:41

 

こんにちは。

 

 

最近、結局のところ自分を知るってことが大事なんだな、と思います。

 

 

自分を知るのが大事だという考えは、

あべさんのチャネリングで書くということを目の前にパッと出されて、おっかなびっくり、

でも、心からわくわくしている自分に気づいたことが大きなきっかけでした。

 

 

書くことが、他人事ではなく自分事になった時、心が安定しました。

 

 

書くことは色んなヒーラーさんに勧められてきましたが、

きっとこれまでの自分は、「書くことで認められる」という風な捉え方をどこかでしていたのだと思います。

書くことは手段であり、そうなると、自分の喜びから外れるんですよね。

 

 

でも、あべさんのチャネリングで

「書くことは、あなたは避けて通れないでしょう。

 なぜなら、それがあなたの魂の喜びですから」とはっきり言われたことで

書くことは手段ではなく、自分自身であるということが腑に落ちたのだと思います。

そういう自信をくれたのが、あべけいこさんのチャネリングだったと思います。

 

 

 

そして、書くということが自分の心の中に入ってきたら、

葉山に行きたい!という気持ちも生まれてきました。

葉山で生活できるように、と思ってから散財しなくなりました。

これには、びっくり。

 

 

 

以前、micaさんに「どうしてこんなに買い物しちゃうんでしょうか?」と聞いた時に、

「それは心の中でやはりまだ満足していない部分があるんだと思います

 (本当の自分になっていない部分があるのだと思います)」というようなこと言われました。

その時はピンと来ませんでしたが、今となっては、その通りだと思います。

(とはいえ、散財したおかげで物質的に満足できたのだと思いますので、

 散財させてもらったことにはとっても感謝しております)

 

 

 

自分を知るというのは、自分の喜びを知るということなのかもしれません。

外側にある、幸せそうなことをGETしていくのではなく、

自分の質がわかってくると、心の奥から安定していくのだと思います。

 

 

 

ここ数ヶ月は、人間関係や仕事において何をやるのかやらないのかということも自分で決断してきました。

(今年のフィボナッチクラスの続きに参加しないと決めたことも、私には英断でしたw)

人に言われて決めるのではなくて、自分で決断していくことで、

自分の感情を本当によく考えたんです。結果的に良かったな、と思えるので、

やっぱり自分の感情に気づいて知っていくというのは本当に大事だなと思います。

 

 

自分を知るというのは、たとえば、リーディングしてもらって、自分には何が向いているかとか、

国語算数で何が得意かとか、そういうことではなくて(そういうこともありますが)自分の感情・感覚なんだと思います。

自分の想いにいかに気づけるか、そこをいかに拾ってあげられるか、なんだなぁと思います。

 

 

自分の想いに気づいた時に、それが闇であれば、解放して浄化してというヒーリングのプロセスがいりますが、

そういう”ワーク”的なこととは別にね。それこそ、今日何食べたいかとか、

このお誘いにはのりたいのか、のりたくないのかとか、そういうことを日々の中で感じていくということが大事だと思います。

 

 

もう、本当にただ気づいて、拾っていくだけなんだなぁと思います。

本当にただそれだけ。

 

 

江國香織の小説に「思い煩うことなく、楽しく生きよ」というのがありますが、まさにその通り。

感情を拾って、それを実行していけば、思い煩う必要はなくなっていくんですよね、きっと。

 

 

 

 

 

スピリチュアルでもいろんなものがあります。

今ここにいるとか、ワンネスを知るとか、愛を体験するとか、ハートを開くとか、波動を上げるとか。

 

 

その全部がいいと思うし、必要だったし、効果もあったし、非常に癒されて満足しました。

そして今、自分を知るっていうことが(もっともっと深く内面を。同時にとても客観的に。)、

自分を愛するってことなんじゃないかと思っています。

 

 

 

 

昔読んだ、シャーリーマクレーンの本、

『アウト・オン・ア・リム』だったか『ダンシング・イン・ザ・ライト』に

シャーリーが離婚をした時(だったかな?)

「山にこもって三日間自分自身についてノートに書き綴り、振り返った」とあり当時から羨ましかったです。

 

 

当時の私に、それだけ己を振り返る力はなかったから。

(10代だったので、振り返るほどの自己もなかったとも言える)

 

 

でも、今ならもしかしたらできるかも、と思います。

なぜなら、自分を知るってことが本当に大事だと思ってきたので。

 

 

 

 

 

 

PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM